ボディメイクにヨガは効果的?+ボディメイクの疑問について解説!

ボディメイクにヨガは効果的?+ボディメイクの疑問について解説!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

よく聞かれることがあります。

ボディメイクに「ヨガ」はどうなの?

率直に言うと、用途によります。

もっと言うと、そんなにボディラインの変化は期待できないかもしれません。

それでは、様々な疑問に対してお答えしていきましょう。

 

そもそも「ヨガ」とは?

そもそも「ヨガ」とは?

ダイエットや健康法としてもブームとなっているヨガ。

本来の目的は「苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること」にあります。

ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果があります。

そこにゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。

歪みが解消し、体全体が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられることが出来ます。

さらに、活力に満ちた前向きでおだやかな気持ちを得られることこそがヨガの特長といえます。

と、このことからボディメイクとはまた違うものであることがわかりましたね。

 

ヨガによって付く筋肉とは

ヨガによって付く筋肉とは

ヨガは筋肉の内側、主に内部のインナーマッスルを鍛えます。

具体的には、ポーズをとることによって、負荷がかかり筋トレと同じく筋肉を作っていきます。

負荷が自体重の重さでありながら、またヨガのポーズのには身体によい効果があります。

正しい姿勢を基本に体の全身を使っていくので、身体の内臓をしっかり支える筋肉を鍛ることができます。

さらに、身体の姿勢を正しく維持させる細かな筋肉を強くすることもできます。

ヨガのポーズといえば「体が柔らかくなる」というイメージを持つ方が大半だと思います。

もちろんイメージ通り、柔軟性のアップにも効果的です。

ただ、それだけではありません。

ポーズには座位・立位・逆転など様々な形のポーズがあります。

ヨガのポーズの素晴らしい点は、ポーズに1つの中に、足の強さや軸(コア)だけでなく、ねじりや後屈、前屈などいくつもの作用が入り混じっているのです。

身体を支えたりバランスをとる足のしっかりとした土台、重心で支える下腹部の力。

それに加えて、ストレッチやねじりをくわえた上に、コアと引き合う指先へ伸びていく力。

など、普段使わない部分への意識と細かな筋肉を使うとともに、呼吸で酸素を体中に巡らせていきます。

つまり、たった1つのポーズを作り、体を支えバランスをとり保つことでインナーマッスルの筋肉強化することが可能になります。

体を釣りあげられるように、上に上に伸ばす意識と内側に入りがちな胸や肩を整えていきます。

姿勢改善と正しい位置に筋肉がつき、呼吸と共に身体を動かすことでの有酸素運動=脂肪燃焼が、すべてが同時に起きているのです。

筋トレで部位に集中するだけでは鍛えにくい全体の筋肉を使うことで、使えていなかった身体の細部まで鍛えることが出来ます。

ボディラインのバランスが整い、見違えるしなやかな筋肉となるのです。

つまりヨガは、全身のボディメイクに効果があると言えます。

 

ヨガとボディメイクの違いとは

ヨガとボディメイクの違いとは

簡単に言えば、

ヨガ=コア(体幹)、身体の姿勢を正しく維持させる細かな筋肉を強くする、全身的な運動。

ボディメイク=部分的な引き締め、全身も可能。

だと思います。

ヨガの始めやすい理由は、仲間と複数人でできることです。さらに、ウェアさえあればどこでもできます。

それに比べ、ボディメイクはウェイトを使ったトレーニングが大半です。危険度も増します。

その分ヨガより引き締めなどの効果が出るのは早いかもしれません。

が、ヨガにはヨガの良いところもあるということもお忘れずに。

また、ヨガのインストラクターの方でもボディメイクをしていることもあります。

その逆に、ボディメイクのインストラクターの方がヨガをやっていたりと、両方通っている方もいます。

どちらも通ってみると違いが分かるかもしれませんね。

 

ボディメイクをするにあたってよくある質問

ボディメイクをするにあたってよくある質問

よく聞く質問をここでお答えしようと思います。

「筋肉が付きやすいのですが、トレーニングはあまりしないほうが良いのでしょうか?」

よく聞きますが、目的別に行えばよいと思います。

気になる部位のみ引き締めたいのであれば、その部位のみを鍛えるなどすればよいと思います。

また、部分痩せは難しいですが、引き締めであれば鍛えれば可能だと思います。

「セルライトは消えますか?」

率直に言うと、わかりません。基本的には消えません。

セルライトとは、簡単に言うと皮下脂肪です。

皮下脂肪に老廃物や水分を巻き込み、硬くなった状態をいいます。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて燃焼しにくいため、なかなか消えにくいです。

筋トレだけでは消えることは期待できないでしょう。

ただ、痩せれば目立たなくなることはあります。

また、有効的なのは有酸素運動とマッサージです。主にエステですね。

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動です。

代謝をよくし、血液循環を改善し、老廃物を排出しやすくします。

エステは体の血流やリンパの流れを良くし、余分な水分や、老廃物の排出を促進し、むくみなども解消されます。

「ボディメイクは自宅ではできますか?」

出来ないことはありません。

正しい知識、正しいフォームで負荷をかけてトレーニングができれば可能です。

ただ、女性は自重トレーニングだと最初はできない可能性があります。

扱いやすくフォームなど意識しやすい軽いダンベルなどがあればよいかもしれませんね。

自宅でのトレーニングのメリットとしては、低コスト、時間の有効活用、人目を気にせず自分のペースで行えます。

ジムに通うまで距離がある方は時間を短縮、有効活用できます。

ジムの費用も掛からないのでそういった方にはお勧めです。

デメリットとしては、

  • トレーニングスペースが必要
  • メニューやフォームなど自分で勉強しなければならない
  • モチベーションを保つのに大変
  • 器具をそろえるのであれば初期費用が掛かる

などがあります。

フォームや、トレーニング方法は大きいフィットネスクラブであればある程度のトレーニング方法やフォームを最初に教えてくれることが多いです。

どちらにしても、やはり大変なことには変わりありません。やる気次第だと思います。

 

まとめ

やる気はあるけど、フィットネスクラブだとやり方もわからない。

人目を気にしたくない。

そんな方にお勧めなのはやはりパーソナルジムです。

最近ではパーソナルジムも多くなってきていています。

自宅でトレーニングをしてもよし、ヨガをやりながら通うもよし、パーソナルだけ通うもよしです!

やる気と継続によって人は変化できます。

頑張って目標に向かって頑張りましょう!

おススメの関連記事

関連記事

  1. 日常的に使用できてオススメ!BCAAを徹底解剖!!

    日常的に使用できてオススメ!BCAAを徹底解剖!!

  2. ダイエットに効果的!プランクの効果と正しいやり方を解説!

    ダイエットに効果的!プランクの効果と正しいやり方を解説!

  3. 自宅でもできる!流行のボクササイズダイエット!

    自宅でもできる!流行のボクササイズダイエット!

  4. エアロビクスはダイエットに効果あり!おすすめの理由と注意点

    エアロビクスはダイエットに効果あり!おすすめの理由と注意点

  5. 【魅力的な肩のライン】美人の条件は肩痩せ!女性でもできる肩の筋肉の鍛え方!

    【魅力的な肩のライン】美人の条件は肩痩せ!女性でもできる肩の筋肉の鍛え方!

  6. 睡眠の質とダイエット効果を上げる!寝る前ストレッチ!

    睡眠の質とダイエット効果を上げる!寝る前ストレッチ!

  7. ストレッチより効果があるって本当?筋膜リリースの効果とストレッチとの違いとは?

    ストレッチより効果があるって本当?筋膜リリースの効果とストレッチとの違いとは?

  8. 腹筋ローラーでダイエットはできるのか?

    腹筋ローラーでダイエットはできるのか?

  9. 寝ながら簡単!仰向けストレッチをご紹介!

    寝ながら簡単!仰向けストレッチをご紹介!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP