ボディメイク

ダイエットの停滞期!抜ける前兆や乗り越え方を解説!【パーソナルトレーナー監修】

ダイエットの停滞期!抜ける前兆や乗り越え方を解説!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

ダイエットのポピュラーな方法のひとつ、糖質制限。

厳しいカロリー制限や激しい運動をしなくても効果が感じられることから、人気の方法のひとつです。

そんな糖質制限には、体重の低下や体形の変化が起きなくなってしまう停滞期があります。

この停滞期をどう乗り越えるかがダイエットにとっての正念場。

停滞期から抜ける前兆や上手な乗り越え方について解説します!

糖質制限の停滞期とは?

糖質制限を始めると、はじめは順調に体重が下がっていきます。

ですが、一定の時期になると体重がなかなか減らない時期が訪れます。

これが停滞期です。

実は停滞期の原因は、私たちの身体が持っている防御反応。

体重が減り続けると私たち人間の身体は飢餓状態になったと勘違いし、エネルギーを使わないように働きはじめるんです。

こうなると、どんなに運動しても消費エネルギーが減ってしまうので、体重もあまり減らなくなってしまいます。

この停滞期を乗り越えるには、食事や運動などの方法を一度見直す必要があります。

でも、停滞期はいつまでも続くものではありません。

しっかりとダイエット習慣を見直していけば、一定の期間で乗り越えることができます!

 

停滞期の期間と抜ける前兆

糖質制限の大敵・停滞期。

一体どの程度の期間まで続いてしまうのでしょうか?

停滞期を抜ける前兆について、そして長引いた際に気をつける点についても解説します。

糖質制限の停滞期の期間は?

糖質制限の停滞期の期間は、一言で言ってしまえば人それぞれ。

1週間程度で抜けられる人もいれば、2週間、1ヶ月、半年……と長引いてしまう人もいます。

毎日適切な食習慣と運動習慣を心掛け、健康的なダイエットを心掛けていれば、1ヶ月程度の停滞期なら心配ありません。

よくあることと思って、気長に現在の糖質制限ダイエットを続けていくようにしましょう。

停滞期から抜ける前兆は?

停滞期から抜ける前兆は?
停滞期から抜ける前兆としては、「以前より食事量を増やしても太らないな」と感じた時が挙げられます。

体重が減り続けたことによって消費エネルギー量を減らすために落ちてしまった代謝が、元通りに戻ったということになるからです。

つまり、代謝をアップしてあげることが、停滞期を抜けるための効果的な手段という事になります。

停滞期が長引いたらどうすれば良いの?

糖質制限を続けていると、停滞期が長引いてしまうこともあります。

1ヶ月程度ならそれまでのダイエット習慣を続けながら様子を見るだけで充分かと思いますが、2ヶ月以上停滞期が続く場合は対策が必要になります。

まずは、身体の代謝をアップさせてあげることが重要。次で詳しくご説明しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

打倒、停滞期!糖質制限の停滞期の乗り越え方

なかなか糖質制限の停滞期を抜けない場合の対策をご紹介します。

身体の代謝をどうやってアップさせてあげればいいのか?今日からでも始められる停滞期の乗り越え方を解説します!

糖質制限の停滞期の乗り越え方①積極的な水分摂取

糖質制限の停滞期の乗り越え方①積極的な水分摂取

糖質制限やカロリー制限に気を遣うあまりに、水分補給までおろそかになってしまっていませんか?

水分不足は、代謝の低下や老廃物の蓄積の原因になってしまいます。

特に糖質制限をはじめて2週間ぐらいで停滞期が訪れた場合、体内の水分が消費されやすい時期なので水分不足の可能性が高くなります。

カフェインや糖質が入っていない、白湯や水、ハーブティやデカフェコーヒーなどを意識的に飲むようにしましょう。

特にトレーニング後などはしっかりと水分を摂るようにしてください。

おやつに豆乳などを温めて飲むのもたんぱく質も一緒に摂取できるのでおすすめですよ!

水分を普段から摂取できるように、ボトルを携帯しておくのも良いですね。

糖質制限の停滞期の乗り越え方②チートデイを設ける

糖質制限の停滞期の乗り越え方②チートデイを設ける

糖質制限の停滞期を乗り越えるのには、チートデイを設けることも効果的です。

チートデイとは、簡単にいうと“自分の身体を騙す日”のこと。

糖質制限の停滞期中に1日だけ摂取カロリーを増量する日を設けることで、飢餓状態を防ごうとする身体を騙して安心させてあげる目的があります。

目安としては自分の現在の体重×40kcalを目安に好きなものを満腹になるまで食べましょう。

翌日からは糖質制限の食事に戻してあげるのを忘れずに。

くれぐれも気を緩めずに、1日だけ行うようにしましょう。

糖質制限の停滞期の乗り越え方③トレーニングの時間を増やす

糖質制限の停滞期の乗り越え方③トレーニングの時間を増やす

糖質制限の停滞期を乗り越えるためには、トレーニングにも工夫が必要です。

まず、トレーニングの時間を増やしてあげるようにしましょう。

トレーニングの時間がこれまで30分だった方は、1時間に延ばしてみましょう。

代謝が低下して消費カロリーが減少している時期ですので、運動量を増やすことで純粋に消費カロリーを増やすことを目指します。

また、筋トレの場合は筋トレにかける負荷や強度を増やしてあげることで、時間を延ばさなくても消費エネルギーの量を増やすことに繋がります。

忙しくて運動の時間を増やせない方にもおすすめなので、ぜひ取り入れてみてください。

糖質制限の停滞期の乗り越え方④摂取カロリーを増やす

糖質制限の停滞期の乗り越え方④摂取カロリーを増やす

糖質制限を行っていくなかで、過度にカロリーを抑えていないでしょうか?

糖質制限中はたんぱく質と脂質をしっかりと摂取していきます。

ありがちなのが、糖質制限中に脂質も制限してしまうことです。

前述したとおり摂取カロリーが低すぎると、身体が消費を抑えようとしてしまいます。

たんぱく質と脂質をしっかりと摂取し、カロリーを確保しましょう。

おすすめの関連記事

 

停滞期の乗り越え方がわからないならプロの意見を聞こう

糖質制限ダイエットをしている限り、停滞期は誰しもに訪れます。

正しい運動や食事習慣を心掛けていたとしても、生じてしまうのは仕方のないこと。

むしろ、身体が健康で正常に身を守るために働いてくれているということですから、あまり焦らず落ち着いて様子を見るようにしましょう。

2ヶ月、3ヶ月と経過しても抜ける前兆が現れないようなら、プロの意見を聞くことをおすすめします。

糖質制限やトレーニングは自分だけだと、どんなに正しい方法で行っているつもりでも効果を引き出しきれていない場合もあります。

パーソナルトレーナーなどの意見を聞いて、今の自分の身体に合ったトレーニングメニューや食事制限の方法を教えてもらうのも、効率的なダイエットの方法のひとつです。

的確なアドバイスを受けながらのダイエットをお考えなら、パーソナルトレーニングジムがおすすめです。

停滞期で悩んだら、パーソナトレーニングを検討してみてください。

おすすめの関連記事

ABOUT ME
アバター
監修者:大崎 隆准
T-BALANCEトレーナー スポーツの専門学校を卒業後、大阪のフィットネスジムで勤務してきました。上京後、営業職を挟みトレーナーとして再出発をして現在に至ります。営業職で身につけたトーク力で、わかりやすく楽しいトレーニングをしていきます。 トレーニング情報はインスタグラムで発信してます!@t.balance 要チェックです!
RELATED POST