ボディメイク

HMBとはなに?!その効果とは?

HMBとはなに?!その効果とは?

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

筋肉の合成を促進し、分解を抑制する効果が確認されているHMB。

しかし、摂取している中には、HMBの効果をいまいち実感できていない人もいます。

そのため最近では、HMBには効果がない、という主張をする人も増えているようです。

中には「HMBはお金の無駄」という過激な表現をする人もいます。

そこで今回は、HMBの効果がない理由をまとめて紹介します。

HMBの効果を実感できない人、これからHMBを試したい人は、是非参考にしてください。
 

HMBの効果がない理由

HMBの効果がない理由

過剰な広告記事に騙されている

「HMB 効果」で検索すると、HMBの効果を過剰に謳った広告記事が多数ヒットします。

「飲んで数週間で効果を実感」「プロテインの20倍の効果」と書いている記事がそれです。

酷いものだと、ネット上で拾ったであろうビフォーアフターの写真を無断で使用しているケースもあります。

このような広告記事を信じてHMBを購入した場合、期待通りの結果は出ないでしょう。

HMBに限らず、飲むだけでムキムキになるようなサプリは存在しません。

アナボリックステロイド(筋肉増強剤)であっても、筋トレなしでは筋肉はつきません。

過剰な広告記事により、効果の期待値が上がり過ぎているため、着実な効果を実感できていないケースが多いようです。

タンパク質量が不足している

タンパク質量が不足している

HMBを飲めば、プロテインは必要ないと考える人もいます。

HMBサプリ販売業者による「プロテイン約20杯分」などのフレーズが、その考え方を助長しているように思います。

しかし、HMBとプロテインは、そもそも役割が違うサプリです。

筋肉の材料となるタンパク質量が不足している場合、筋肉の合成を促すHMBをいくら飲んでいても筋肉はつきません。

自分のたんぱく質摂取量が不足していないか、十分確認しましょう。

HMBの摂取量が多すぎる

 

HMBの効果をあげるため、推奨摂取量以上のHMBを摂取する人もいます。

しかし実は、これは逆にHMBの効果を低減してしまう行為です。

カンザス大学で行われた検証では「体重(kg)×76mgのHMBを摂取」より「体重(kg)×38mgのHMBを摂取」したグループの方が、除脂肪体重が増加したという結果があります。

HMBサプリでは、一日の推奨摂取量を1,500mg~2,000mgに設定しているため、約2倍の量を摂取すると、効果が低減する恐れがあります。

多く摂取しても、1日6,000mg程度であれば人体への悪影響、副作用はないことが国際スポーツ栄養学会(ISSN)の調査で分かっていますが、推奨量以上の摂取はおすすめできません。

筋トレ歴が長い

 筋トレ歴が長い

HMBの摂取で抑制できる筋タンパク質の分解は、普段運動をしない人ほど活発に行われます。

そのため、筋トレ初心者ほど、HMBの効果を実感しやすい傾向があります。

逆に言うと、筋タンパク質の分解があまり活発ではない、筋トレ上級者の場合、HMBの効果が表れにくいことになります。

実際に、ポズナン大学(ポーランド)で格闘家を対象にして行われた検証では、被験者の多くがHMBの効果を実感できなかったという結果になっています。

ただし、筋トレ上級者にHMBが不要というわけではありません。

筋タンパク質の分解に関してはトレーニング未経験者より反応は悪いものの、筋タンパク質の合成については、未経験者と同様の効果があるとされています。

クレアチンが配合されていない

 

HMBの効果は、クレアチンと同時摂取することで飛躍的に高まります。

これについては、ポーランド体育アカデミーで行われた検証が分かりやすいです。

検証は、被験者を次の4つのグループに分け、3週間にわたり実施されました。

1.偽薬を摂取
2.クレアチンのみ摂取
3.HMBのみ摂取
4.クレアチンとHMBを併用摂取

偽薬摂取グループと比較し、その他グループで除脂肪体重増加、筋力向上が見られました。

中でも、クレアチンとHMBを併用摂取グループは、偽薬摂取グループと比較した累積強度で、クレアチン摂取グループが̟+39.1kg、HMB摂取グループが+37.5kgに対して、+51.9kgという記録を残しています。

そのため、HMBで効果を実感できない場合、クレアチンとの併用を試すといいでしょう。
 

HMBの効果がない理由のまとめ

 HMBには効果がある

HMBには効果がある

HMBは、2011年から日本での発売が可能になった新しいサプリで、日本においてはまだ市場が確立していないサプリです。

そのため、各スポーツサプリメーカーがシェアの奪い合いに力を入れており、販売訴求の中で効果を過剰に言いすぎるメーカーが、あまりにも多過ぎる印象があります。

その結果「HMBは胡散臭いサプリ」という印象が広まってきているのも、仕方がないことかもしれません。

最近では「HMBはお金の無駄」と、HMBの効果を全否定する、アンチHMBのスポーツトレーナーまでいるようです。

お金の無駄というのは、あまりにも言い過ぎですが...

たしかにHMBには、筋トレ経験者は実感しにくい、摂取量の管理が必要、相性の良い成分との同時摂取が望ましいなど、少しクセがあります。

しかし、摂取方法と効果をきちんと把握していれば、ボディメイクに高い効果が期待できる、とても優秀なサプリです。

特にトレーニング歴が浅い筋トレ初心者の方は、是非一度試してみるといいでしょう!

 

パーソナルジムT-balanceではお客様に合わせた食事なども提供させていただいてます!

自分に合った食事、無理のない食事内容を知りたい方は

是非お問い合わせください!

パーソナルトレーニングジムならT-BALANCE