ボディメイク

前屈で疲れにくい身体に⁉前屈ストレッチの効果とやり方!

ボディメイク トレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

皆さんは、身体の柔軟性には自信ありますでしょうか?

実は、身体の柔軟性を向上させることによって、疲れにくい身体や、痩せやすい身体にすることができるんです!

今回は、ストレッチのなかでも比較的簡単にできる、「前屈」のやり方や効果について解説していきます。

一回でも効果が現れますが、継続することで柔らかく疲れにくいカラダが手に入ります。

「私は身体が硬いから」という人こそ大きな改善が望めますので、ぜひ継続して行ってみてください。

身体が硬くなりやすい人の特徴

身体が硬くなりやすい人の特徴

まずは、身体が硬くなりやすい人の特徴をご紹介します。

たくさん当てはまるほど、身体が硬くなる傾向にありますので、注意が必要です。

デスクワークが多い

デスクワークが多いと、身体が硬くなりやすくなります。

特に1日の仕事量のうち、半分以上がデスクワークの方は、特に硬くなりやすくなります。

理由としては、ずっと同じ姿勢をとることにより、血流が悪くなります。

その結果として、肩こりや、猫背などの悪影響を起こすので、こまめに肩を回すなどしてあげましょう。

スマホをよく見る

スマホをよく見る方も同様に、身体が硬くなりやすいです。

特にスマホを見ることにより、顔が下がったり、首が前に出やすくなったりします。

これにより、首周りりが硬くなったり、スマホ持つことにより、肩周りがこりやすくなったりします。

ですので、スマホを見るときは、なるべく顔の前で見るようにするといいです。

運動習慣がない

運動習慣がないと、血流などが悪くなりやすくなります。

血流が悪くなると、冷え性なども引き起こしやすくなります。

また筋肉量が落ちることによる、基礎代謝が低下すること考えられます。

基礎代謝が低下すると、瘦せにくい身体になりますので、運動の習慣はつけるといいでしょう。

前屈でストレッチされる筋肉

前屈でストレッチされる筋肉

前屈でストレッチされる主な筋肉は以下の通りです。

  • 脊柱起立筋
  • 広背筋
  • 大殿筋
  • ハムストリングス
  • ふくらはぎ

前屈はハムストリングスだけのストレッチに思われがちですが、実はこんなにストレッチされる筋肉があるんです。

主に背面の筋肉がストレッチされます。

背面の筋肉が硬いと、前屈が硬くなるだけでなく様々な身体の不調があらわれます。

例えば、肩こりや腰痛などの不定愁訴が出やすくなります。

また身体が硬くなることにより、血流が悪くなり、瘦せにくい身体になってしまいます。

しっかりとストレッチするようにしましょう。

 

前屈のやり方

前屈のやり方

通常は、両脚を伸ばして座る長座姿勢で前屈します。

しかしカラダが硬い人は、長座の時点で前屈することが難しいでしょう。

また、両脚を同時に行うと、硬い方にしかアプローチできません。

そのため、片方ずつ行うのがオススメです。

まずは片脚から行う

まずは片脚から行う

長座してから右脚を開き、右足裏を左足の太もも内側に付けます。

脚で「6」の形になるイメージで、そこから前屈していきましょう。

前屈すると、太ももの裏付近が伸びているのがわかるはず。

無理に伸ばそうとせず、6~7割程度の強さで伸ばしながら、足をワイパーのように振りましょう。

何回か振っていると、前屈がどんどん進むようになります。

同程度の強度をキープしながら、ジワジワ前屈を進めてください。

筋肉の伸びを意識しながら息を吐き、脱力すると、より伸ばすことができます。

2~3分ほど行ったら、血流を戻すために立って脚をブラブラさせてください。

その後、反対側の脚も同様に行います。これを2~3セット行うとよいでしょう。

両脚で行う

両脚で行う

次に両脚を伸ばして長座し、開閉して動かしながら、6~7割の前屈がキープできるよう角度を進めていきましょう。

2~3分行ったら、立って脚をブラブラさせ血流を戻します。

その後、改めて前屈を計測してみてください。

前屈のポイント

前屈のポイントがいくつかありますので、こちらを抑えると、より効果的になります。

  • 自分が気持ちいいと感じる力加減で行う
  • 身体を軽く温めてから行う
  • しっかりとストレッチ感を感じる
  • 呼吸を止めないようにする

これらを意識するだけで、前屈の効果がグンと上がります。

他のストレッチも同様に大切なことなので、意識してあげましょう。

前屈の効果

前屈の効果

それでは、前屈を定期的に行うことにより得られる効果をご紹介します。

身体に嬉しい効果ばかりなので、ぜひとも実践してみましょう。

1:むくみ解消で脚痩せ

前屈を定期的に行うと、身体全体の血流が良くなります。

それにより、むくみの解消などが期待でき、脚痩せにも繋がります。

特に、女性はヒールを履く方も多いです。

ヒールが履く時間が長いと、ふくらはぎ、足首周りが硬くなるので、前屈をして血流を良くしてあげましょう。

2.腰痛の改善

前屈は身体の背面、主に腰周りもストレッチされます。

また、お尻周りもストレッチされることから、腰痛の改善が期待できます。

デスクワークが多い方などは、お尻・腰周りが硬くなりやすいので、積極的にストレッチしてあげましょう。

まとめ

前屈は身体の柔軟性を向上させるのはもちろん、身体に嬉しい効果がたくさんあります。

ダイエットや疲れにくい身体づくりにも役立ちますので、積極的に前屈ストレッチするようにしましょう。

特に、ストレッチは、食事制限や筋トレに比べて、ハードルが低く始めやすいです。

ぜひともこの機会に、習慣化していただいて、瘦せやすく疲れにくい身体を目指しましょう!

RELATED POST