チートデイのやり方は?女性でもできる?効果と頻度も詳しく解説!

ボディメイク、トレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

ダイエット中に行うことで、減量効果があると話題のチートデイを知っていますか?

大会に向けての減量をしている男性が行っているイメージがあるチートデイ。

女性でもチートデイを行うことで減量することはできるのでしょうか?

また、チートデイの具体的なやり方も気になりますよね。

そこで今回はチートデイのやり方、女性がチートデイをやる際の注意点などをご紹介していきます。

チートデイってそもそも何?

 チートデイとは、日本語に訳すと「騙す日」という意味になります。

具体的には、ダイエット期間中に「たくさん食べる日」を作ることを意味します。

ダイエット中にもかかわらず、たくさん食べたら太るのでは?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、正しいチートデイのやり方を知り効果的に行うことで、ダイエットの停滞期を解消できると言われています。

停滞期にさしかかった体を”騙す”ということですね!

チートデイの効果とは?

チートデイの効果とは?

チートデイは、ダイエット期間中に行います。

ダイエットのために食事制限をしていると、体が「飢餓状態」だと勘違いして、体重の減りが悪くなる時期が訪れます。

この時期のことを一般的に”停滞期”と呼びます。

チートデイを設けることで、体に「飢餓状態ではありませんよ」と教えてあげることができ、再び体重が減りだすといった効果が期待できます。

チートデイのやり方は?運動はしないの?

それでは、チートデイの具体的なやり方をご紹介していきましょう。

まず、チートデイを行うタイミングについてです。

ダイエットの効果がある程度あらわれて、体重の減りが緩やかになってきたと感じたら、チートデイを行うようにしましょう。

ダイエットの効果がまだ十分でない時期に行ってもそれはただの過食ですよ。

そして、チートデイの食事は基本的に何を食べても構いません。

「ダイエット中だから」と我慢していた脂っこい食事や、甘いものなど、折角なので好きな食べ物を食べるようにしましょう。

また、チートデイを設ける日の運動についてはやってもたらなくてもどちらでも大丈夫です。

今日はダイエット休み!」と思い切って休んでみても良いでしょう。

摂取カロリーを決める!

好きなものを食べるといっても不安があるなら、摂取カロリーをある程度決めましょう。

下記の4つの計算式を使って目安のカロリーとなる範囲を決めましょう。

  1. 体重 × 40∼45kcal
  2. 徐脂肪量 × 55kcal
  3. 減量期の摂取カロリー/日 + 2500キロカロリー
  4. 減量期のカロリー × 2倍kcal以上

食事の内容を気にせずストレスを発散しながら行ってほしいですが、計画的に実行することも大事ですよね。

女性がチートデイを行う場合の注意点は?生理前にやるといい?

女性がチートデイを行う場合の注意点は?生理前にやるといい?

女性は男性と違い、ホルモンバランスの関係で食欲が増減します。

生理前や生理中は、どうしても食欲を抑えることができないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、生理前の食欲を抑えるためにも、生理前にチートデイを行う方法もあります。

ただし、生理前にチートデイを行うと、チートデイを行った次の日も「もっと食べたい」と思ってしまうので要注意です。

生理前にはチートデイ翌日の食欲を抑えられそうにないという方は、生理後の心身共に調子が良いときにチートデイを行う方法もあります。

チートデイを生理前に行う方がいいか、生理前の方が良いかは人によって異なります。

自分にぴったりのタイミングでチートデイを行ってみてください。

チートデイの頻度と体脂肪率!

チートデイの頻度と体脂肪率!

ご自身の体脂肪率でチートデイの頻度を決めていきましょう!

体脂肪率30%以上 ⇒ チートデイ無し…

体脂肪率30%〜25% ⇒ 3〜4週に1回

体脂肪率25%〜20% ⇒ 2〜3週に1回

体脂肪率が20%〜15% ⇒ 1〜2週に1回

体脂肪率が15%〜10% ⇒ 週1回

体脂肪率が10%以下 ⇒ 週1〜2回

頻度は出来るだけ守っていただきたいですが、ストレスを溜め込むこともよくありません。

自分の身体とメンタルを相談して、チートデイを取り入れていきましょう。

チートデイで女性におススメの栄養素

チートデイでは、ダイエット中に不足してしまう栄養を摂取できるというメリットもあります。

なんでも食べては良いものの減量に対して良い栄養を取った方がなお良いです。

おススメの栄養素はこちらになります。

タンパク質

食後、食べたものを消化・吸収・運搬するために使うエネルギーを「食事誘発性熱産生」と言います。

タンパク質はこの数値がとても高いです。魚介や赤身のステーキがおすすめです。

糖質

女性がダイエット時に一番制限しているのが糖質。

糖質制限ダイエット流行っていますよね。

チートデイでは、普段抜いている物ほど食べると効果が上がります。

ここぞとばかりに主食となる炭水化物やスイーツを食べても良いでしょう。

脂質

糖質と同様、ダイエット中は避けることの多いのが脂質です。

魚やお肉の油などがおすすめで、酸化していない良質の油を摂ると良いです。

ただし、油が多いスナック菓子は摂らないようにしましょう。

ビタミン・ミネラル

上記栄養素以外に必要不可欠な栄養素です。

食事制限中は特に不足しやすく摂取バランスも悪くなります。

いつもより意識的に食べるようにしましょう。

野菜や果物、海藻類、動物性の食品に多く含まれます。

チートデイは1日だけ!ダイエットのストレス解消にも!

今回は、ダイエットの停滞期の解消法として話題のチートデイについて、

やり方や効果、女性がチートデイを行う場合の注意点についてご紹介してきました。

チートデイは、ダイエット中の停滞期に代謝を上げてくれる効果や、ダイエット中のストレス解消の効果も期待できます。

ダイエット中だからといって、我慢ばかりでは疲れてしまいますよね。

効果的な減量にもつながるチートデイを取り入れながら、上手に息抜きしてみてはいかがでしょうか。

美味しいものを食べて、ダイエットの効果も上がるなら一石二鳥ですよね。

無理をせずに楽しくダイエットを行いましょう。

おすすめ関連記事

関連記事

  1. トレーニングの後の食事!迷ったならオススメの5店!

  2. ゆで卵ダイエットのやり方は?効果的な期間とおすすめレシピ

  3. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ

    夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ

  4. ダイエット中のたんぱく質の摂り方について!

    ダイエット中のたんぱく質の摂り方について!

  5. 即効性のあるウエストダイエット方法とは?簡単に出来るお腹痩せダイエットをご紹介!!

  6. 「食欲が止まらない!」は病気?生理前の食欲が止まらない理由や対策法も解説!

  7. アーモンドダイエットは1日何粒食べるの?栄養や効果について

  8. サウナでダイエット!?サウナで得られる効果まとめ

    サウナでダイエット!?サウナで得られる効果まとめ

  9. その摂取カロリーで大丈夫?目的に合わせて摂取カロリーを変えましょう!

    その摂取カロリーで大丈夫?目的に合わせて摂取カロリーを変えましょう!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP