ダイエット

ダイエットにチートデイは必要?チートデイの周期について解説!

ダイエットにチートデイは必要?チートデイの周期について解説!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

ダイエットをしているけど、思うように体重が落ちにくくなってきた…

初めのうちは順調だったのに、停滞期に入ってきた…

そんなお悩みをお持ちの方いらっしゃいませんか?

それを解決するのがチートデイ!

今回はチートデイのやり方と、周期について解説します。

チートデイとは?

チートデイとは?

チートデイは「cheat=だます、ずるをする」という意味があります。

ダイエット中でもずるをする日(好きなもの食べる日)を設けることで、ダイエットの停滞期から抜けだすことができます。

しかし、好きなものを食べる日を設けたら、せっかく落ちた体重が戻ってしまうのでは?と心配になりますよね。

もちろん一時的には戻ってしまいますが、この後のダイエットを加速させるものでもあります。

そこでチートデイのメリットについてご紹介します。

チートデイのメリット

チートデイのを行うことで、身体にはどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 代謝が上がる

食事量を減らして摂取カロリーを制限していると、身体は少ないエネルギー量で活動しようとします。

これにより、代謝がどうしても落ちやすくなってきます。

すると、やがてダイエットの停滞期に陥ってしまうでしょう。

ここでチートデイを設け、定期的に多くのエネルギーを補給すると、代謝の低下を抑えて停滞期を防ぐことに繋がります。

たしかに短期的で見れば、落ちていた体重が元に戻ってしまう感覚に陥ってしまうかもしれません。

しかし、その体重増加は一時的なものです。

長期的に見れば、順調にダイエットは進んでいくはずです!

  • 食事制限による、ストレスの軽減

チートデイは身体の変化だけでなく、モチベーションの維持という点でも大きな役割を果たします。

食事制限は身体だけでなく、メンタル面でもとてもつらいですよね?

「食べたいものも食べられない」「お腹が空いても食べられない」など、心には多くのストレスがかかると思います。

そのストレスに負け、ダイエットを辞めてしまう人がとても多いのです。

チートデイを設定すれば、メンタル面でのストレスが解消され、モチベーションを維持することに繋がります。

「チートデイがあるからがんばる!」と、ダイエットを継続できる人も多いことでしょう。

チートデイのやり方・周期

チートデイのやり方・周期

ここからは、チートデイのやり方と周期について解説していきます!

  • チートデイのやり方

チートデイをいきなり設ける前に、まずはダイエットが停滞期に入っているか確認をしましょう。

停滞期に入ってもいないのに、チートデイをしてしまっては意味がありません。

停滞期に入っているからこそ、チートデイは効果を発揮するのです。

チートデイのやり方ですが、人や時期によって、方法が異なります。

  • 好きなものを好きなだけ食べる

これがベーシックな方法だと思います。

この方法は「体重が落ちなくなってきた」「トレーニングで力が出なくなってきた」と感じたときに取り入れるといいと言われてます。

この時は好きなもの気にせずに食べるといいでしょう。

ただ、体脂肪の増加などが気になる方は、低脂質を意識してみてください。

おすすめは、ダイエット中期くらいに取り入れることです。

  • 高糖質・低脂質

チートデイで大量のカロリーを摂取することが怖い方は、高糖質・低脂質を意識してチートデイのメニューを決めるといいです。

炭水化物を多く摂りながら余分な脂質を減らしていくことでチートデイの効果を保ちつつ、スタイルに気を付けられます。

具体的には、寿司やうどん、白米中心のメニュー、デザートには和菓子を選択するようにしましょう。

おすすめは、体脂肪をつけたくないダイエット後期です。

チートデイの周期

チートデイの周期ですが、体脂肪率によって頻度が変わります。

体脂肪率 頻度
30%超え 基本的にチートデイは無し
30%〜25% 3〜4週に1回
25%〜20% 2〜3週に1回
20%〜15% 1〜2週に1回
15%〜10% 週1回
10%以下  週1〜2回

あくまで目安になりますが、こちらを参考にしてみてください。

ただチートデイには、メンタル回復の部分も担っているので、我慢できない場合は少し増やしても大丈夫です。

増やしすぎると、体重が増えていくだけなので、注意しましょう。

チートデイで気をつけること

チートデイで気をつけること

つづいて、チートデイ実施の際に気をつけることについてご紹介します。

  • 摂取カロリーを決める

チートデイでは、脳をだますことにあるので、オーバーカロリーを意識してください。

一時的な体重増加はしてしまいますが、それが目的なので気にしすぎないようにしましょう。

ある程度は、自由に食べていただいて大丈夫です!

下記が目安の摂取カロリーです。

■体重 × 40〜45kcal
■徐脂肪量 × 55kcal
■減量期の摂取カロリー/日 + 2500キロカロリー
■減量期のカロリー × 2倍kcal以上

  • 糖質の摂取

チートデイには糖質の摂取が必須と言われています。

理由としては、糖質を摂取することで、ホメオスタシス機能をはたらかせるのを抑えられるからです。

ブドウ糖の摂取量が減ることから起こる停滞期なので、そのブドウ糖をしっかり摂ってあげることが大切です。

しっかり脳をだまして再び脂肪燃焼が行われるようにしていきましょう。

  • 脂質の制限

好きなものを好きなだけ食べるのが大切、とは言っても減量中に行われるチートデイ。

やはり脂肪になりやすい余分な栄養は避けておきたいものです。

そこで避けるべきなのが脂質です。

チートデイには糖質を摂る必要があるため、脂質の摂しすぎには注意しましょう。

まとめ

今回はダイエット中の救世主となる、チートデイについてご紹介しました!

停滞期に入るということは、身体的にもメンタル的にも頑張ってきた証拠です。

そんな時は、チートデイを設けて回復してみましょう!

きっとまた体重が減り始めるはずです。

ただ、チートデイの取り入れすぎには注意してくださいね!

RELATED POST