ダイエット

ジムダイエットは成功する?ジムで試せるダイエット運動メニュー

ジムダイエットは成功する?ジムで試せるダイエット運動メニュー

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

ダイエット運動には様々な種類がありますね。

自宅で試せるものもたくさんありますが、ひとりで励んでいてもなかなか続かない……

そんな方におすすめなのが、ジムでのダイエット運動です。

ダイエット方法としては効果的なジムダイエットですが、具体的にどのような運動を行うのでしょうか?

 

効果的なダイエット運動方法が身につく!ジムでの運動メニューとは?

ジムでのダイエットメニュー①ダイエット運動方法の基本・筋トレ

ジムでのダイエットメニュー①ダイエット運動方法の基本・筋トレ

皆さんが、ジムでのダイエットと聞いた時に思いつくのが「有酸素運動」だと思います。

ですが、一番最初に行って頂きたいのが、無酸素運動の筋トレになります。

なぜ、有酸素運動の前に無酸素運動の筋トレが先なのか?と疑問が浮かびますよね。

筋トレを行った後に有酸素運動を行うと、血液中の成長ホルモンと遊離脂肪酸の数値が高くなります。

中性脂肪を分解して遊離脂肪酸として血液中に放出するためには、「リパーゼ」と呼ばれる脂肪分解酵素が必要となります。

リパーゼの分泌は、アドレナリンや成長ホルモンなどによって促進されるとされているのです。

運動で刺激が加わり、アドレナリンや成長ホルモンが分泌されると、リパーゼの活動が高まります。

つまり、脂肪分解が始まるのです。

そして、リパーゼによって分解され血液中に放出された遊離脂肪酸がエネルギーとして使用されます。

つまり、筋トレを行なってから有酸素運動を行うことで、効果的に中性脂肪を分解することができます!!

ジムでのダイエットメニュー②意外と方法がわからない有酸素運動

ジムでのダイエットメニュー②意外と方法がわからない有酸素運動

前述したとおり、無酸素運動を行った後に有酸素運動を行う様に心がけましょう!

ジムには、トレッドミル(ランニングマシン)やクロスバイク、クロストレーナー、リカベントバイクなど

様々なマシンが用意されていると思います。

自分の目的に合わせてチョイスをしましょう。

各マシンに特徴があるので、特徴を生かして有酸素運動をする事もダイエットの秘訣になります。

長く継続的にダイエットをして、成功させるのが重要なので、飽きが来ない様に順番に使うのも良いでしょう!

ジムでのダイエットメニュー③無理のないマイルドな運動方法もチョイス可能

ジムでのダイエットメニュー③無理のないマイルドな運動方法もチョイス可能

ジムによっては、ヨガやピラティス、スイミングなど、身体への負担がマイルドな運動方法もチョイスすることができますよ。

グループレッスンなどを活用して、ジム仲間を作るのもダイエットをする上ではポイントです。

一人でダイエットをするよりも、仲間がいた方が心強いので、継続に繋がります。

日頃運動する機会があまりないという方は、マイルドな方法から試してみるのもよいのではないでしょうか。

ジムでのダイエットメニュー番外編・ジムでのダイエット運動方法の順番は?

ジムでのダイエット運動には、適切な順番があります。

ジムでのダイエット方法の順番は

ジョギングやストレッチなどでのウォーミングアップ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ

といった順番になります。

一番最初に述べたとおり、筋トレと有酸素で充分に脂肪燃焼を狙った運動後は

最後にゆっくりとストレッチを行うことで筋肉の中の疲労物質が除去され、可動域も広がりしなやかな身体を作ることができます。

正しいダイエット運動方法をキープしたい!ジムに通うのは週2でもOK?

正しいダイエット運動方法をキープしたい!ジムに通うのは週2でもOK?

ジムに通う回数は週2で十分!

ジムに通う回数は、週2からでもOKです!

毎日ジムに行くからといって、痩せるものではありません。

張り切って毎日通ってしまうと、体に負担をかけすぎてしまいます。

一方であまりブランクが開きすぎてしまうと、筋肉が衰えてしまうため注意が必要ですよ。

週2のジム通いを最低2、3か月程度は続けてみましょう。

週2のジムでの運動、何分行うのが正しい?

ジムでの運動で脂肪を燃焼させるには、それぞれの運動を30分以上続けることが重要になります。

30分以上連続して無酸素運動を行い、30分以上連続して有酸素運動を行うようにしましょう。

ですが、初心者にはなかなか難しいかもしれません。

運動に慣れていない方には、5~10分ほど無酸素運動を行ったら休憩を取り、10分有酸素運動を行ってまた少し休憩、と小刻みに繰り返す方法をオススメします。

また、60〜90分程で無酸素運動と有酸素運動を終えるようにも意識してみてください。

あまり長い時間をかけて無酸素運動や有酸素運動をしても、かえって逆効果になる事もありますし、怪我の原因に繋がるので注意しましょう。

 

ダイエット運動方法は無理なく続けられるものが正解

ダイエット運動方法は無理なく続けられるものが正解

ダイエット運動は、無理なく長期的に継続して取り組めるものがオススメです。

自分で無理のない目標を立てて、コツコツとクリアしていくことが重要。

目標を少しづつクリアして、まずは成功体験をカラダや脳に味合わせると、次に繋がりやすいです。

「でも、自分ではどの方法が正しいのかわからない……」「続けられる自信がない……」という場合には

目標の見直しや、最近ではパーソナルジムも増えてきたので、トレーナーにマンツーマンで指導してもらうのも良いでしょう!

 

ABOUT ME
アバター
監修者:石田 拓
T-BALANCE藤沢店トレーナー スポーツトレーナー育成専門学校卒業 都内のパーソナルジムに3年勤務 職人の会社を数年経営後、T-Balanceでトレーナー復帰。 トレーナーを離れていた時期もジムに通うなどをして 知識や経験を積み重ねていました。 1人でも多くの方に健康で快適なライフスタイルを歩んで頂くことを モットーとしてわかりやすく丁寧に指導させて頂いております。 トレーニング風景やキャンペーンなどはインスタグラムで発信してます! Instagramアカウント→→@t.balance 是非フォローとCheckを!!