注目の記事 PICK UP!

リバウンドしたくない!上手にダイエットする方法!

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!
頑張って痩せたけど、
・目標を達成したから
・ダイエットに疲れたから
・いつのまにか
などの理由で急にダイエットを終わりにして、リバウンドしてしまった経験はありませんか?
今回はリバウンドをせずにダイエットをする方法をお伝えします!

 

リバウンドってどうして起こるの?

一生懸命頑張って痩せたのに、痩せる前以上に太ってしまった…なんてよく聞きますね。
なぜリバウンドという現象が起きるのでしょうか?

ホメオスタシスと停滞期

人のからだはホメオスタシス(生体恒常性)といって、身体の状態を一定に保とうとする機能があります。
ダイエットの停滞期はホメオスタシスの機能が働いている状態です。

人間も元々は野生の生き物ですので、飢餓を防ぐための必要な機能になります。

停滞期、ホメオスタシスの機能が働いているとき代謝機能は低下しています。
このタイミングでダイエットを諦め食生活が乱れると

摂取カロリー>消費カロリー

となり、リバウンドしてしまうわけです。

満腹感の変化

ダイエット中は脳の満腹中枢を刺激する「レプチン」の分泌量が減少します。

レプチンの量が元に戻るのは1か月かかると言われています。
ダイエット後1ヶ月は食事を元に戻してもレプチンの分泌量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

 

リバウンドを防ぐダイエット

ホメオスタシスと満腹感。二つのキーワードを意識することリバウンドを防いでいきます!

ホメオスタシスを抑える

ホメオスタシスは1か月に5%以上体重が減少することで最大限に働きます。
1か月5%以内の体重減少におさえ、短期間ではなく長期間でダイエットを行っていきましょう。

夏に引き締まった身体を目指すなら、4月くらいからダイエットをスタートすると無理なく行えますね。

レプチンを安定させる

レプチンを安定させるためには、最低1か月必要です。
つまり減少した体重を1か月間維持することができれば、レプチン分泌量が減った状態を維持できます。

停滞期に入ってもあきらめずにダイエットを続けることでリバウンドを防げます。

 

力技でリバウンド回避!チートデイ!

上手にダイエットをしていても、食欲が抑えられなくなることがありますね。
「チートデイ」を使って食欲をコントロールしながら、リバウンドを回避しましょう!

爆食「チートデイ」

「チートデイ」とは日本語訳すると「騙す日」となりますが、具体的にはダイエット中に「沢山食べる日」を意味します。

ホメオスタシスの機能により飢餓状態を防ぐための停滞期が訪れますが、チートデイを設けることで飢餓状態でないと勘違いさせ(騙す)、代謝の機能を元に戻す効果があります!

ダイエット中に爆食…大丈夫なのでしょうか?

チートデイのルール

ただ単に、たくさん食べるだけでは効果はありません。
以下のことをルールとしましょう。

①体重の減少が停滞している時に行う。
②チートデイは1日だけ。チートデイの前の日、次の日はダイエットを意識した食事にする。
③2週間~1か月に1回のペースで行う。

この3つを守ればチートデイは1日好きなものは気にせず食べましょう!

 

リバウンドなくダイエットするために

ホメオスタシスの機能があるように、ダイエットというのは生命維持に反する行為です。
やりすぎれば身体の機能も異常をきたすこともあります。

ホメオスタシスに左右されることなく、ゆっくりと無理のないペースでダイエットを行うことをおススメします♪

関連記事

  1. ジムダイエットは成功する?ジムで試せるダイエット運動メニュー

  2. バナナダイエットの方法は?失敗しないためにはどうしたらいい?

  3. チーズのダイエット効果って?ダイエット中におすすめのチーズもご紹介

  4. 糖質制限ダイエットのやり方!どんな食べ物なら食べていいの?糖質制限ダイエット中のおすすめメニュー

  5. 一日に必要なカロリーはどれくらい?ダイエット中のカロリー計算方法やBMI値の計算式も紹介

  6. ゴボウがダイエット向き?ゴボウやゴボウ茶の効果とは

  7. 諦めないで!正月太りは解消できます!

  8. 即効痩せウエストダイエット方法とは?簡単なお腹痩せダイエットをご紹介

  9. 脂肪燃焼のメカニズムとは?!ダイエットの前に知っておきたい脂肪についての基礎知識

PAGE TOP