注目の記事 PICK UP!

脂肪(油)を摂取してシェイプ!意外な効果♪

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!

ダイエットを始めようとすると、まず皆さんが摂りすぎを気にする栄養素は

「油(脂質)」

だと思います。
間違った認識ではないのですが、油には色々な種類があるんです!

 

飽和脂肪酸

肉類の脂やバターなどの乳製品が分類されます。
健康診断で指摘される、中性脂肪や悪玉コレステロールの値をあげやすくする脂肪です。
摂取量が多くなると、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になります(汗)

しかし飽和脂肪酸の中でも身体に溜まりやすく代謝しにくいモノと
エネルギーに代謝されやすいモノがあり、
後者を「中鎖脂肪酸」といい、最近流行ったココナッツオイルがそれにあたります。

「中鎖脂肪酸」は効率よく分解吸収されやすく、脂肪燃焼が期待されます。
ココナッツオイルの匂いがダメという方もいらっしゃると思いますが、
コーヒーに入れて飲むなど、手軽に摂取できますよ♪

 

不飽和脂肪酸

最近流行りの健康的になれる油ですね♪
飽和脂肪酸とは反対で、中性脂肪や悪玉コレステロールの値を下げたり、血液をサラサラにする効果があります。

3種類に分類され
・オメガ3・・・青魚(サバ・イワシ)に含まれるDHAやEPA、エゴマ油、アマニ油、etc.
・オメガ6・・・ごま油、サラダ油、etc.
・オメガ9・・・オリーブ油、キャノーラ油、etc.

この中でも積極的に摂取していただきたいのが、オメガ3
脂肪燃焼効果が高まったり、アレルギーの緩和や美肌効果など様々です!

最近ではサプリでも手軽に摂取できるようになりました。

 

オメガ6の摂取過剰には注意!

オメガ6は細胞の材料になったり、肌の保湿などの効果がありますが、
過剰に取りすぎると花粉症などのアレルギーを誘発したり、がんや心疾患のリスクを高めることになります。

またオメガ6の摂取量が多いと、オメガ3の効果が発揮できなくなるのです(涙)

オメガ6(ごま油、サラダ油)は生活でよく使う油です。
日ごろから摂取量に気を使い、健康的な油の摂取が理想的なボディメイクに繋がっていきますよ♪

 

[template id=”117″]

関連記事

  1. ダイエット中の朝食ってどうすれば良いの?コンビニでも買える朝食メニューをご紹介

  2. プロテインは疲労回復にも効果あり?仕事やスポーツ、運動後の疲労回復にはプロテインがおすすめ!

  3. 卵の糖質量はどれくらいある?卵に合う糖質制限レシピについて

  4. プロテイン=たんぱく質!オススメの食材4つ!

  5. 食べて痩せる理由は?パーソナルトレーニングジムの2ヶ月後に現れる効果に驚き

  6. みんなの味方「プロテイン」!3つの間違った解釈と+α!

  7. さつまいもダイエット方法はどうやってする?効果や期間は?

  8. おかゆダイエットレシピ!1週間でビフォーアフター!?その効果と注意点

  9. ゴボウがダイエット向き?ゴボウやゴボウ茶の効果とは

PAGE TOP