注目の記事 PICK UP!

たんぱく質は摂れてますか?

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!

たんぱく質は三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)の1つです。
身体作りには欠かせない栄養素ですが、
摂れているようで、意外に摂れていないの栄養素でもあります。

 

身体をつくる

たんぱく質の必要摂取量は

1g/体重1kg

となります。
50kgの人は50g、60kgの人は60gとなりますね。
(トレーニングをしてる場合は1.5~2g/体重1kgとなります。)

たんぱく質は 筋肉を作る材料 です。
しっかりと摂取することで筋肉をつくり、代謝を上げることが出来ます。

筋肉をつけて身体のラインをつくり、シェイプアップには欠かせない栄養素なのです。

 

 

アンチエイジング

筋肉を作るたんぱく質ですが、

髪、肌、爪、骨、内臓、…etc

の材料にもなっています。

トレーニングを行いしっかりと代謝をし、たんぱく質を摂取することで、
筋肉を作るだけでなく アンチエイジング効果 もあるんです♪

お肌のためにコラーゲンを摂取することはよくありますが、
実はコラーゲンはたんぱく質の一種なんですよ。

ダイエット時にお肌の調子が悪くなる方は、
たんぱく質の摂取が少ないのかもしれませんね。

たんぱく質摂取のアドバイスにより

「髪の毛のつやがでてきた」
「肌にハリがでてきた」

という声がよく聞かれます。

T-BALANCEのトレーナーは全員男性なので気にしていませんが、
もしかすると髪のツヤと肌のハリがあるかもしれません(笑)

 

 

たんぱく質の種類

たんぱく質は

動物性たんぱく質・・・肉、魚、卵、乳製品、・・・etc

植物性たんぱく質・・・大豆たんぱく、小麦たんぱく(グルテン)、・・・etc

に分けられ、

動物性たんぱく質は筋肉作りに利用しやすく
植物性たんぱく質は低脂肪、低カロリー

という特徴があります。

T-BALANCEではどのように摂取していけばよいかアドバイスができるので、
食事の調整も難しくないですよ♪

食事を見直す時は、たんぱく質量も確認していきましょう!

 

[template id=”117″]

関連記事

  1. カロリーの低い食べ物って何?カロリーの低い食べ物でも満腹感を感じたい!何を選ぶのがおすすめ?

  2. 筋トレにブロッコリーが効果的な理由は?冷凍でも大丈夫?筋トレ中のブロッコリーの食べ方

  3. バナナダイエットの方法は?失敗しないためにはどうしたらいい?

  4. みんなの味方「プロテイン」!3つの間違った解釈と+α!

  5. 中性脂肪を下げるには?食事やお茶、中性脂肪を下げる運動も

  6. ミルク

    牛乳の糖質ってどれぐらい?糖質制限中の牛乳の飲み方・選び方

  7. 食べて痩せる理由は?パーソナルトレーニングジムの2ヶ月後に現れる効果に驚き

  8. レモン水ダイエットとは?作り方や飲むタイミング、デメリットも

  9. おかゆダイエットレシピ!1週間でビフォーアフター!?その効果と注意点

PAGE TOP