注目の記事 PICK UP!

酒粕の糖質は?糖質制限中でも食べれる酒粕のお手軽レシピもご紹介!

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!
酒粕がダイエットにいいという話を聞いたことがある人はいませんか?でも糖質制限中であれば、酒粕の糖質はとっても気になるところですよね。
そこで今回は、酒粕の糖質やカロリーを中心に、酒粕を使った粕汁や甘酒の糖質やカロリーもご紹介していきます。ダイエット向きな酒粕を使ったおすすめの糖質制限レシピも一緒にご紹介しますので参考にしてくださいね。

酒粕とは

酒粕は日本酒の製造過程においてできた搾りかすのことで、よくスーパーなどでも売られているのを目にしますね。
そもそも日本酒は米・米麹・水を原料にして作られています。丁寧に精米した米を蒸し、その一部に麹菌をかけて米麹にし、残っている蒸し米、水、そして酵母菌を混ぜて発酵させて「もろみ」を造ります。その「もろみ」は絞ると米や米麹が混ざった酒粕と、液体の日本酒に分けられます。スーパーなどで売られている酒粕は利用しやすいように板状になっている「板粕」や「ばら粕」などで用途に応じて売られています。日本酒の製造過程の最終段階で分離されるため、酒粕の栄養は実に豊富に含まれているのです。

酒粕の栄養

実は酒粕には想像以上の栄養があり、タンパク質やビタミンをはじめ様々な栄養素が豊富に含まれています。

・タンパク質:筋肉や骨、髪や爪を形成するのに欠かせない栄養素
・ビタミンB1:成長促進や消化を促進する。代謝活動には欠かせない栄養素
・ビタミンB2:眼精疲労や視力を増進させる栄養素
・ビタミンB6:必須アミノ酸であるナイアシン
・葉酸:健康な皮膚を作り、貧血を予防してくれるビタミンB6
・食物繊維:腸内環境を整えるビタミンB6

酒粕の糖質は?カロリーも気になる

栄養が豊富な酒粕ですが、気になるのが糖質です。糖質制限中であれば特に気になりますよね。
酒粕の糖質は100gあたり約18.5g。酒粕を一度に100gも食べることはないと思いますので、極端に食べ過ぎない限り、糖質の過剰摂取にはならないでしょう。
酒粕のカロリーは100gあたり約227kcalです。ちなみにご飯1杯分のカロリーは約230kcalなので、それほど差はありません。カロリー制限ダイエット中の方は、食べ過ぎには注意した方がよさそうですね。

酒粕の糖質・カロリーを甘酒や粕汁と比較

ご紹介したとおり、酒粕の糖質はそれほど高くないため、極端に食べ過ぎないかぎり糖質制限ダイエットにも影響を及ぼすことはなさそうです。それでは、酒粕を使った粕汁や甘酒はどうなのか?についても解説していきましょう。粕汁も甘酒も甘味があるため糖質が多そうなイメージがありますが、実際のところどうでしょうか。

粕汁の糖質とカロリー

たくさんの根菜類が入った粕汁は体もぽかぽか温まりますよね。気になる粕汁の糖質量は、1杯あたり16.8gと思ったより低めの糖質でした。お味噌汁と比べると確かに高い糖質量ですが、だからと言ってダイエット中には避けた方が良いとも言いきれない程度です。ちなみに、粕汁の糖質を占めているのが、やはり具沢山の根菜類で、中でも里芋を入れた場合は高くなる傾向があるようです。ですので、少しでも粕汁の糖質を減らした場合は里芋を入れずに作ると良いかもしれませんね。
粕汁1杯分のカロリーはというと、約124kcal。これは思ったよりもそこまで高くなく、具沢山のお味噌汁や豚汁などのカロリーとそこまで差がない程度です。

甘酒の糖質とカロリー

では甘酒を見てみましょう。甘酒こそ糖質制限に向かず、むしろ太る飲み物だと思っている人もいると思います。そんな甘酒ですが、実は2種類あるってご存知でしたか?一つが酒粕を溶かして作った甘酒、そしてもう一つが米麹から作った甘酒です。
どちらも糖質量はほとんど同じです。甘酒の糖質の量は100gで約18g。他の飲み物と比較すると高い数値となっています。糖質の量からしても飲み過ぎは太る原因になるので、甘酒は1日1杯、糖質制限中であれば2〜3日に1杯と決めて飲むと良いでしょう。甘酒のカロリーは100gあたり約80kcalです。
甘酒は豊富な栄養から「飲む点滴」とも言われているほどで、健康や美容にはとても効果的な飲み物なので、飲み過ぎにだけは気を付けて太らないようにしたいですね。

酒粕は量さえ守れば太らない?

粕汁や甘酒などの酒粕を使ったものは、その糖質量だけみれば、食べたからすぐに太るという心配は必要ないでしょう。しかし、糖質制限中、いくら栄養満点と言っても食べ過ぎは太る原因になりますので、粕汁や甘酒は1日1杯と決めて楽しむのがおすすめです。

酒粕を使ったおすすめの糖質制限レシピ

ここからは、酒粕好き必見の糖質制限中でも食べれるお手軽レシピをご紹介します。

糖質制限中の酒粕レシピ①体あったまる♡酒粕しょうがスープ

酒粕+しょうがで代謝を上げるダイエット向きなレシピです。体も温まる冬におすすめのスープですよ。

◇レシピ◇
・酒粕  20g
・しょうが  1かけ
・とろろ昆布  適量
・だし汁  300cc
・醤油  小さじ1

①出し汁に酒粕を溶かしてから中火にかける
②一煮立ちしたら生姜を擂り下ろして加え、醤油で味を整えたら弱火で煮る
③器に持って適量のとろろ昆布を乗せて完成

糖質制限中の酒粕レシピ②酒粕で石狩鍋

酒粕で石狩鍋を作るとコクがアップして美味しいです。おまけに体も温まる、ほっこり冬鍋はいかがですか?

◇レシピ◇
・鮭 3切れ
・塩 適量
・大根 5cm
・白菜 1/6個
・豆腐 1丁
・しいたけ 4個
・餅入り巾着 3〜4個
・三つ葉 1束
・酒粕 150g
・味噌 おたま1/2
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ2
・だしパック 3パック

①鮭に塩を振り、15分ほど置いて水で洗う
②大根、白菜、豆腐、三つ葉はお好みの大きさに切って、しいたけは飾り切りする
③鍋に水、だしパック、みりん、醤油、大根を入れて火にかける
④酒粕をちぎってボウルに入れ、③のだし汁が出たら、酒粕が浸るくらいにだし汁を入れ、ラップをして5分くらい待つ
⑤先ほどの④を混ぜて溶かし③に入れ、10分ほど煮てアルコールを飛ばす
⑥白菜、しいたけ、豆腐、鮭を⑤に入れ10分ほど煮てから餅入り巾着を入れ、火が通ったら味噌を溶かし入れる
⑦最後に三つ葉を散らして完成

最後に

いかがでしたか?今回は、酒粕の糖質やカロリーを中心に、ダイエット中におすすめのレシピもご紹介してきました。糖質が高くて太るイメージのある酒粕や甘酒ですが、量さえ守れば糖質制限中でも食べられるとわかってで安心しましたね。酒粕は栄養が豊富に含まれていますので、1日1杯、2~3日に1杯などルールを決めて飲むと、ダイエット中の栄養補給としてもおすすめの食材です。

関連記事

  1. トレーニングの後の食事!迷ったならオススメの5店!

  2. 脂肪燃焼スープダイエットで痩せすぎ?!効果を引き出す上手なやり方を解説

  3. アーモンドダイエットは1日何粒食べるの?栄養や効果について

  4. さつまいもダイエット方法はどうやってする?効果や期間は?

  5. りんご

    リンゴの糖質量は?リンゴダイエットは糖質制限に適してる?

  6. プロテインは美肌にも効果あり?飲むべきタイミングは?ダイエットしながら美肌になりたい女性にはソイプロ…

  7. バナナダイエットの方法は?失敗しないためにはどうしたらいい?

  8. 脂肪燃焼を助けてくれる食べ物・飲み物とは?肉・野菜・お茶も効果的!?

  9. 枝豆の糖質量は?枝豆の栄養素や糖質制限ダイエット中におすすめの食べ方

PAGE TOP