注目の記事 PICK UP!

ダイエット中でも野菜を選ぼう!隠れる糖質に要注意!

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!

ダイエットのため、健康のために野菜を食べよう!
とその前に、その野菜はどれだけ「糖質」が含まれているか把握できていますか?
実は野菜を食べればOK!とはいかないかも知れません・・・

 

糖質は低いけど食べすぎ注意な野菜

トマト


サラダにはトマト!というくらい良く食べますが、糖質がやや高めです。
トマト1個(160g)・・・糖質6g

トマトには「リコピン」が含まれていて抗酸化作用(老化予防)とても健康的な印象ですね。
フルーツトマトは普通のトマトより糖質が高いので要注意!

たまねぎ


こちらも良く摂取する野菜ですね(汗)
たまねぎ1個(170g)・・・糖質12g

たまねぎに含まれる「B6」はたんぱく質の吸収を助けてくれたり、
「ケルセチン」という成分は血管障害に役立つといわれています。

にんじん


またまた野菜の王道のような(涙)
にんじん1本(150g)・・・糖質10g

にんじんは「カロテン」が豊富でアンチエイジングやがん予防、
免疫強化などかなり優秀ですが、ダイエット時の糖質は気をつけましょう。

 

糖質制限しているなら避けるべき野菜

いも類


いも類は栄養素のメインが炭水化物となります。
じゃがいも1個(135g)・・・糖質22g
さつまいも1本(200g)・・・糖質60g

じゃがいもは「ビタミンC」が豊富でアンチエイジング効果があります。
さつまいもはじゃがいもよりも「ビタミンC」が多く含まれていて、
さらに「ヤラピン」という成分が便秘に効果的です。

いも類をを摂取するときは、主食(ご飯)の代わりとして摂取しましょう。

かぼちゃ


いも類のような気がしてしまいますが、ウリ科に属します。
かぼちゃ1/4個(260g)・・・糖質45g

にんじんと同じく「カロチン」が豊富です。
かぼちゃの料理は甘い味付けが多くなりますので、注意です!

れんこん


穴が開いているので、糖質低そうですが(笑)
れんこん1節(240g)・・・糖質32g

胃の保護効果やビタミンCやミネラルが豊富なれんこんですが、
食べやすいだけに食べすぎ注意ですね。

 

糖質制限していてもオススメの野菜

ブロッコリー


トレーニーの王道野菜(笑)
ブロッコリー1個(125g)・・・糖質1g

私も毎日食べています!
ブロッコリーはビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので(特にビタミンC)、
食事制限中(糖質制限中)最もオススメする野菜です!

ほうれん草


ポパイが食べて元気になる野菜ですね!(え?笑)
ほうれん草1束(270g)・・・糖質1g

ほうれん草には「鉄分」が含まれているので女性は積極的に摂りましょう。
夏よりも冬のほうれん草のほうが栄養価が高いようです。

アボカド


アボカドは栄養が豊富なため「森のバター」と言われていますね。(本来の分類は果物です汗)
アボカド1個(140g)・・・糖質1g

アボカドには「ビタミンC」、「ビタミンB」、「ビタミンE」、
「カルシウム」、「マグネシウム」、「鉄分」など栄養たっぷり。
食物繊維も豊富なのでダイエットに適した食材と言えますね。

 

野菜を摂取するときの基本は「葉物」野菜を選ぶと糖質を抑えることができます。
サラダなどは彩りが緑になるようにすると良いですね!
迷ったときはその野菜に「甘み」があるかどうかで判断しましょう。

 

[template id=”117″]

関連記事

  1. アーモンドダイエットは1日何粒食べるの?栄養や効果について

  2. プロテインは疲労回復にも効果あり?仕事やスポーツ、運動後の疲労回復にはプロテインがおすすめ!

  3. ダイエットに炭水化物!?朝の摂取に効果あり!

  4. 「食欲が止まらない!」は病気?生理前の食欲が止まらない理由や対策法も解説!

  5. アボガド

    アボカドは糖質制限中の味方!?美味しい簡単レシピまで

  6. 鯖缶でダイエット!口コミで話題のダイエット方法とおすすめレシピ

  7. 脂肪(油)を摂取してシェイプ!意外な効果♪

  8. プロテインは美肌にも効果あり?飲むべきタイミングは?ダイエットしながら美肌になりたい女性にはソイプロ…

  9. バストアップ

    太りたい女性のためのプロテイン活用方法!女性らしい体を作るために

PAGE TOP