注目の記事 PICK UP!

バストアップ体操の方法は?バストアップにおすすめの筋トレをご紹介

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!
多くの女性が悩まされているバストアップ。運動などをはじめても、なかなか効果が感じられなかったり、続かなかったりしますよね。憧れのバストを手に入れるためには、ちょっとしたコツをおさえる必要があります。効果的なバストアップ体操の方法を詳しく解説します!

バストアップ体操で大事なポイント

バストアップ体操にはさまざまなものがありますが、最も大事なのはバスト自体に働きかけるのではなくバストを支えている大胸筋を鍛えることです。
バストに関するお悩みというと、「バストサイズが小さい」「バストが垂れてきた」「バストが広がってきた」などが挙げられますよね。そのどれもがバストを支える土台の役割を持つ大胸筋が鍛えられていなかったり、衰えていたりといったことが原因になります。
バストアップ体操を行う際には、大胸筋が動いていることをしっかりと意識しながら、ゆっくりと負荷をかけて運動を行うことが重要になります。
それでは、大胸筋を意識しながら、これからご紹介するバストアップ体操を試してみましょう!

自宅で簡単!バストアップ体操のやり方

バストアップ効果が期待できる基本の体操を解説します。自宅でも気軽に始められる簡単なものをご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。
体操だけでなく、バストアップに効果的なツボの場所もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

バストアップ体操の前にしておきたいことは?

バストアップ体操を始める前に、まず最初にバストのお肉をほぐしておきましょう。日頃私たちのバストは姿勢などの影響で、肩こりのように凝り固まっています。体操を始める前に、まずほぐしておくようにしましょう。
手を脇の下から背中に回し、肩甲骨の下あたりからバストの脇に向けてかき上げるようにマッサージを行いましょう。少し痛気持ちいいぐらいの力加減がベストです。
このマッサージを行うことで、バストアップ体操の効果を感じやすいだけでなく下がったバストを正しい位置に戻してあげる効果も期待できます。

バストアップ効果抜群!垂れたバストを引き締める筋トレ

年齢と共に垂れてきてしまいがちなバストを鍛える体操をご紹介します。
まず、床に膝と手をついて四つ足の状態になります。息を吐きながら肘をゆっくりと曲げて、顎が床につくぐらいまで上体を下ろしていきます。腕立て伏せをするようなイメージですね。
ゆっくりと息を吐きながら限界まで上体を下ろしたら、今度は息を吸いながらゆっくりと肘を伸ばしましょう。腕立てのように腕に集中するのではなく、胸の筋肉に意識を集中するようにするのがポイントです。

バストアップ筋トレの王道!ボリュームアップエクササイズ

バストにハリがなく小さいことがお悩みの方におすすめのエクササイズです。
胸の前で両手をお祈りのように合わせたら、肘を張って手のひらと手のひらを押し合うようにして力を入れます。そのまま15秒キープ!
15秒を2セット行うのを目安に行いましょう。力が入れにくい場合は手のひらの間に本などを挟むと力を入れやすくなるでしょう。

バストアップ効果が期待できるツボとは?

バストアップには筋トレの他に女性ホルモンの分泌を促してあげることも重要です。ツボ押しで女性ホルモンを増やしてあげましょう。
バストアップに役立つ女性ホルモンを増加させてくれるツボの代表格としては、“壇中(だんちゅう)”が挙げられます。
壇中は、両方のバストトップを直線で結んだ中心にあるツボです。ここに親指をそっと当てて3秒間息を吐きながら優しく押し込み、息を吸いながらゆっくりと離していきましょう。これを5回繰り返します。
バストのツボを押す際には、バストに必要以上の負荷をかけないようにマッサージクリームを活用するようにしましょう。

体操以外にも気をつけたい生活習慣

バストアップのためには、体操などの運動だけでなく日頃の生活習慣も重要になります。体操以外にも気をつけておきたい、バストアップに効果的な生活習慣をご紹介します。

バストアップのためには食事も重要!

バストアップ体操に合わせて、日頃の食習慣にも気を配るようにしましょう。栄養バランスの良い食事はバストアップにも大変効果的です。特に注意したいのが、イソフラボンやビタミンEなど、女性ホルモンの分泌を助ける栄養素を積極的に摂取すること。大豆製品やカボチャなどの緑黄色野菜、アーモンドやくるみなどのナッツ類などを日頃の食事に取り入れるようにしましょう。
たんぱく質もバストアップに欠かせない栄養素です。肉類やチーズ、魚介類などをバランスよく摂取していくようにしましょう。

バストアップには正しい姿勢も重要!

一見無関係に思えるバストアップと姿勢ですが、実は大きな関係があるんです。
日頃デスクワークなどをしていて前傾姿勢になっていると、猫背になり、バストに常に重みがかかってしまって形が悪くなってしまいがちなんです。
日頃から、気がついた時に背筋を伸ばして胸を張るようにしましょう。たとえバストがあまり大きくなくても、姿勢が良いだけで形の美しい美胸になれますよ!

バストアップにはブラ選びも重要!

バストアップをしたいと考えると、胸を寄せてあげるようなブラばかり選んでしまいがち。ですが実は、自分のバストにぴったり合ったブラを選ぶことがバストアップへの最短の近道なんです。
例えば小さなブラで寄せてあげていると、胸が圧迫されて形が美しくなくなってしまいます。大きなブラにパットを入れて使っていたりした場合も、胸を正しい位置に固定できなくなってしまうのでバストが垂れたり広がったりしてしまうかも!
大切なバストを綺麗に保つために、ブラ選びには気を配るようにしてくださいね。
簡単なバストアップ体操と日頃の生活習慣の見直しで、バストのコンプレックスは十分解消することができます。さっそく今日からはじめて、理想のバストを手に入れましょう!

バストアップ体操はパーソナルトレーニングジムもおすすめ!

日頃の運動習慣はコツコツと身に着けていくことが重要ですが、自分ひとりではなかなか続かないもの。そんな場合におすすめなのが、パーソナルトレーニングジムです。
T-BALANCE(ティーバランス)なら、専門のパーソナルトレーナーがあなたに合わせたトレーニングメニューを作成、丁寧な指導で効果を確実に感じられます。
パーソナルトレーニングジムをお探しの際には、T-BALANCE(ティーバランス)にぜひご相談ください!
https://t-balance-gym.net/

関連記事

  1. ボディメイクとダイエットは何が違うの?ボディメイクを成功させるために必要なこと!

    ボディメイクとダイエットは何が違うの?ボディメイクを成功させるために必要なこと!

  2. 女性でも出来る!おススメのダンベルトレーニング10選!

    女性でも出来る!おススメのダンベルトレーニング10選!

  3. ヒップアップにスクワットは効果なし!?お尻に効くブルガリアンスクワットの正しいやり方

  4. バーピージャンプって何?正しいトレーニングの方法と効果!

    バーピージャンプって何?正しいトレーニングの方法と効果!

  5. ボディメイクで綺麗な”くびれ”を作ろう!腹筋をしたらウエストは細くなる?

    ボディメイクで綺麗な”くびれ”を作ろう!腹筋をしたらウエストは細くなる?

  6. ウォーターバック?ゴムバンド?トレーニングにおすすめのアイテムをご紹介します!

    ウォーターバック?ゴムバンド?トレーニングにおすすめのアイテムをご紹介します!

  7. カロリーを消費する方法が知りたい!楽にカロリーを消費する方法はある?運動別のカロリー消費量もおさらい…

  8. トレーニングが続かない...4つの原因と4つの対策!

    トレーニングが続かない…4つの原因と4つの対策!

  9. 背中で魅了しよう!おススメの背中トレーニング7選!

    背中で魅了しよう!おススメの背中トレーニング7選!

PAGE TOP