クレアチンでトレーニングの成果を上げろ!効果と摂取方法!

クレアチンでトレーニングの成果を上げろ!効果と摂取方法!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

様々なサプリメントがございますが、『クレアチン』は利用したことはありますか?

クレアチンはアミノ酸の一種で、最大限のパフォーマンスを発揮したいトレーニングでおすすめです。

今回はクレアチンについて解説します!

 

クレアチンの効果

クレアチンの効果
クレアチンには、身体能力・運動パフォーマンス向上や筋肉量の増加、また脳の疲労軽減などさまざまな効果が期待できます。

運動パフォーマンスの向上

クレアチンは筋収縮のエネルギーを供給するため、高強度・反復性の運動に対して特に効果が見られます。

扱う重量の増加、筋力トレーニングやコンタクトスポーツにおいての瞬発的なパワーを供給することがでいます。

さらに、バイクやスイム、陸上(短距離インターバル)などの反復性のある運動においてもパワーの持続やタイム短縮などの研究結果も出ています。

筋肉量の増加

クレアチンのみでは筋肉を作ることはできません。

しかし無酸素運動(筋トレや単距離走など)のエネルギーが効率的に供給され、高強度のトレーニングが期待できます。

クレアチンの摂取により高強度のトレーニングが可能となるため、結果的に筋肉量を増やす効果を期待できます。

筋肉量は、基礎代謝量と深く関連し、筋肉量を維持することにより健康の増進につながるとされています。

クレアチン5gを摂取したトレーニングの研究では、除脂肪体重(脂肪と骨を除いた体重)が有意に増加したと報告されています。

 

プロテインやBCAAとの違い

プロテインとBCAAは筋肉の合成を促します。

それに対してクレアチンはエネルギーを作り出し筋力増強作用を促します。

トレーニングと合わせて摂取することで高強度のトレーニングを続けるパワーを作り出すことができます。

 

摂取方法

摂取方法
市販されているクレアチンの大半はパウダー状のものです。

水などの飲料と一緒にそのまま摂取しましょう。

 

摂取するタイミング

おすすめのタイミングは食後とトレーニング終了後です。

プロテインには吸収をよくするために糖質が配合されているものもあるので一緒にシェイクして飲むのもおすすめです。

クレアチンは主にインスリンというホルモンによって、筋肉中に運ばれます。

インスリンは炭水化物(糖質)を摂取したときに分泌されるホルモンなので、クレアチンと糖質はセットにして摂取することもおすすめです。

 

摂取する量

摂取する量
体重70kgの人では体内に約120gのクレアチンが存在すると言われています。

消費量は1日に2g程度ですが、体のエネルギーを作り出すために必要な成分なので高強度の運動などでは消費量が増えることもあります。

クレアチンを飲むとお腹を下す方がいらっしゃいます。

まずは2gのクレアチンを300mlの常温の水に溶かして、食後に飲んでみましょう。

これならお腹が緩くなることはないでしょう。

 

クレアチンローディング

体内に備わっているクレアチンタンクを満杯にして、あらかじめクレアチンの血中濃度を高めておくことができます。

1日20gのクレアチンを4回程度に分けて摂取、1週間を目安に継続します。

ローディング期間終了後はメンテナンス期(維持期)として1日1回、5gを目安に摂取します。

一度ローディングを行うと筋肉内の貯蔵量は一定レベルとなり、それ以上を摂取しても尿として外に排出されてしまいます。

また摂取量を減らしても筋肉のクレアチンレベルは減らないことが研究でわかってきました。

最近ではローディングの必要のないクレアチンも増えてきました。

どちらのほうが効果が高くなるかはご自身で試してみる必要がありますね。

 

クレアチンで効果を上げよう

クレアチンを摂取することで今以上の成果が期待できます。

身体に合わないなどの症状が出ることがありますが、量を調整したり、水分をしっかりとることで対策しましょう。

さらなる理想の身体へぜひ利用してみてください。

 

トレーニングでお悩みならT-BALANCEへお問い合わせを!

トレーニングでのお悩みはありませんか?

パーソナルトレーニングジムのT-BALANCEではお客様にあったメニューを組んだり、食事のアドバイスが可能です!

さらに個室でプライベートで行えるので、他の方の目も気になりません。

お悩みがあれば是非お問い合わせください!

パーソナルトレーニングジムならT-BALANCE

関連記事

  1. 筋トレのモチベーションが続かない?維持・向上するための方法4選!

    筋トレのモチベーションが続かない?維持・向上するための方法4選!

  2. 減量中のダイエッター必見!【効果的な期間と方法とは?】

    ダイエッター必見!【減量期に脂肪を落とす効果的な期間と方法とは?】

  3. 『ハイクリーン』はパフォーマンスを上げる!機能的な身体づくりのためのトレーニング

    『ハイクリーン』はパフォーマンスを上げる!機能的な身体づくりのためのトレーニング

  4. 知っておこう!トレーニングの8つの原理と原則

    知っておこう!トレーニングの8つの原理と原則

  5. ヒップアップにスクワットは効果なし!?お尻に効くブルガリアンスクワットの効果的なやり方

    ヒップアップにスクワットは効果なし!?お尻に効くブルガリアンスクワットの効果的なやり方

  6. メディシンボールを使おう!万能なトレーニングツールです!

    メディシンボールを使おう!万能なトレーニングツールです!

  7. ウォーターバック?ゴムバンド?トレーニングにおすすめのアイテムをご紹介します!

    ウォーターバック?ゴムバンド?トレーニングにおすすめのアイテムをご紹介します!

  8. 毎日腹筋やらなくてもよい?お腹を引き締めるための腹筋トレーニング

    毎日腹筋やらなくてもよい?お腹を引き締めるための腹筋トレーニング

  9. ジムに行かなくても鍛えられる!自宅トレーニング9選!

    ジムに行かなくても鍛えられる!自宅トレーニング9選!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP