トレーニング前にバナナを食べよう!メリットと注意点!

トレーニング前にバナナを食べよう!メリットと注意点!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

トレーニング前にバナナは食べますか?そもそもトレーニング前に何か食べますか?

私はジムでもぐもぐ何かを食べている人を見かけたりしています。

トレーニングの前なのに食事をしている…良いの?悪いの?

そんな疑問にお答えします!

 

まずバナナの栄養について

まずバナナの栄養について
バナナがトレーニング前にいいのかどうかの前に、バナナの栄養を見ていきましょう。

バナナ1本(90g)辺りの栄養素は

約80kcal

タンパク質:1g

脂質:0.2g

炭水化物:20.25g

となり、ほぼ炭水化物で出来ています。

 

トレーニングのバナナの効果①エネルギー補給に最適

トレーニングのバナナの効果①エネルギー補給に最適
トレーニング前にエネルギー摂取をしないと、筋肉を運動エネルギーとして使ってしまうことがあります。

トレーニングをしているのに、筋肉が減っていくといった恐ろしい状態になることも。

しかし、事前にバナナを食べることでそれを防ぐことが出来ます!

バナナは米などの炭水化物に比べ、エネルギーの吸収がとても速いため、

トレーニング前だけでなく、トレーニング後のエネルギー摂取にも最適です!

バナナの摂取タイミングは、

トレーニング前:30分前

トレーニング後:すぐ摂取

がおすすめです!バナナの栄養は摂取後約20分くらいで消化されます!

好きな食べ物を選ぶのではなく、消化の良いエネルギーを摂ることが大切です。

 

トレーニングのバナナの効果②ミネラルの補給

トレーニングのバナナの効果②ミネラルの補給
バナナには量の多少はありますが、これらの17種のミネラルが全て含まれています。

とくに主要ミネラルであるカリウムとマグネシウム、微量元素の鉄や銅などは比較的多く含まれています。

カリウムやマグネシウムは筋肉運動に大きく関係し、この二つが不足すると心臓疾患になりやすいことも分かっています。

また、鉄や銅はいずれも不足すると貧血を引き起こします。

つまりバナナを食べればエネルギー補給をするのと同時に、このようなミネラル不足の悩みも解消できるというわけです!

 

トレーニングのバナナの効果③ビタミンの補給

トレーニングのバナナの効果③ビタミンの補給
バナナにはビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミンCは一日に必要な量の約4割がバナナには含まれています。

ビタミンCやビタミンEは、筋肉の分解を抑え、疲労回復を促し、また筋肉の修復も促進させてくれます。

ビタミンB6は食品中のたんぱく質からエネルギーを産み出したり、筋肉や血液を作る事に関与しています。

筋肉がしっかりと働くようになるためには必要不可欠ですね!

 

トレーニングのバナナの効果④朝のエネルギー補給としても優秀

トレーニングのバナナの効果④朝のエネルギー補給としても優秀
眠っているときは、栄養を摂取できないので、

筋肉が分解され栄養に変えてしまう「カタボリック(異化)」という現象が起きてしまいます。

そのため朝は、飢餓状態になっており、早く食事を行う必要があります。

そこでもバナナはとても活躍します。

バナナは食べやすく、すぐにエネルギーに変わるため朝トレをする人にとってかかせない栄養素となります。

 

バナナを食べる注意点

食べる量に注意しましょう

食べる量に注意しましょう
バナナの一日の摂取量の目安としては、2本が限度と言えます。

それ以上食べるとカリウムやシュウ酸の過剰摂取になり、病気のリスクが高まってしまいます。

またバナナは糖質が高い食べ物ですので、バナナの食べすぎは体に毒と言えますね。

特に冷え症の人はバナナの摂取は控えめにすることです。

バナナは陰性の食べ物ですから、余計体を冷やしてしまいます。

冷え性であるなら、1日に1本食べれば十分です。

成熟度で成分が変化する

成熟度で成分が変化する
少しでも栄養価の高いバナナを食べたければ、バナナの色(成熟度)が判断の基準となります。

青いバナナには「整腸作用」が期待できます。

青いバナナには、食物繊維と同様の働きをする「難消化性デンプン」が多く含まれているのです。

黄色のバナナはビタミンが豊富で活性酸素も含まれています。

特にビタミンB6は筋肉合成に関わっていますから、トレーニング時には黄色のバナナを摂り入れると良いのです。

黄色バナナからさらに完熟度が進んでシュガースポットと呼ばれる斑点が現れます。

茶色いバナナは、免疫力を高めたい方に向いています。

 

プロテインの吸収率が上がる!

プロテインの吸収率が上がる!

トレーニング後はプロテインを摂取する人は多いと思います。

その時にバナナも加えると良いです。

タンパク質であるプロテインは、同時に摂取するものでその吸収率が大きく違ってきます。

バナナは吸収率の速い食材です。。

プロテインと一緒にバナナを食べることで、プロテインの吸収率を上げてくれます。

トレーニング後は、素早くタンパク質とエネルギーを補給し身体に栄養を与えたいです。

バナナなら手軽に摂取できますし、スーパーやコンビニ等で安価で買えるのでおすすめです。

バナナを食べてトレーニングしましょう

バナナを食べてトレーニングしましょう
普段何気なく食べているバナナですが、想像以上に色々な効果がありますね。

特にトレーニングをしている人にとってかかせない食物だと思います。

もしバナナを食べていない方がいれば、是非ともバナナをたべてトレーニングの効率を上げることをおすすめします!

 

おすすめ関連記事

関連記事

  1. 腹筋ローラーってどうやるの?メリットとトレーニング方法3つをご紹介!

    腹筋ローラーってどうやるの?メリットとトレーニング方法3つをご紹介!

  2. 筋肥大やダイエットにもオススメ!スロートレーニング7つのメリット!

    筋肥大やダイエットにもオススメ!スロートレーニング7つのメリット!

  3. パーソナルトレーニングで効果は上がるのか?その理由6つを解説します!

    パーソナルトレーニングで効果は上がるのか?その理由6つを解説します!

  4. トレーニングにも音楽を♪おすすめのイヤホン4選!

    トレーニングにも音楽を♪おすすめのイヤホン4選!

  5. 男性だけでなく女性にもおすすめ!筋肥大!

    男性だけでなく女性にもおすすめ!筋肥大!

  6. トレーニングにも計画性を!スケジュールをたてて効果をあげよう!

    トレーニングにも計画性を!スケジュールをたてて効果をあげよう!

  7. 内転筋を筋トレで美脚に!女性におすすめな内転筋トレーニング!

  8. 筋トレをの効果を生かすも殺すも食事次第!最良な『たんぱく質』とその量とは?

  9. ヒップアップにスクワットは効果なし!?お尻に効くブルガリアンスクワットの効果的なやり方

    ヒップアップにスクワットは効果なし!?お尻に効くブルガリアンスクワットの効果的なやり方

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP