トレーニング

ジャンプ力を高めたい!鍛えるべき筋肉とは?

ジャンプ力を高めたい!鍛えるべき筋肉とは?

ボディメイク、トレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

多くのスポーツ競技で、ジャンプ力は成績を左右する重要な能力のひとつです。

もっと高く跳べるようになりたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

いったいどうすればジャンプ力を高められるのか。

ジャンプ力を高めるには、そのためのトレーニングを行う必要があります。

ジャンプ力を高める為に鍛えるべき筋肉をご紹介します。

 

ジャンプ力を高める為に鍛えたい筋肉

ジャンプ力を高める為に鍛えたい筋肉

ジャンプ力を高める為には、まず飛ぶために必要な筋肉の部位を知る事。

その部分を集中的に筋トレを行う事が重要になります。

筋トレを行う際に鍛えるべき筋肉の部位を意識すると、その効果がアップします。

ジャンプ力を高める為に鍛えるべき筋肉の部位について、見ていきましょう。

 

◎肩・腕の筋肉を鍛えよう!

高くジャンプするためには、腕を強く振って反動をつけることが必要です。

縮まった体を一気に伸ばすバネのような瞬発力も重要になります。

腕を強く振る力には、三角筋(肩の筋肉)や大胸筋(胸の筋肉)を鍛える事が必要です。

三角筋とは、両肩の関節を覆うようについている厚い筋肉です。

大胸筋とは、両胸の前部にある広く平たい筋肉です。

どちらの筋肉も比較的鍛えやすい筋肉です。

ジャンプ力を高めたい方は三角筋・大胸筋を鍛えましょう。

 

◎腹筋・背筋を鍛えよう!

空中での体の安定性を高める必要があります。

バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプした後に空中でパフォーマンスを行う際に必要です。

体の安定性を高めるには、腹筋や背筋を鍛えることが必要になります

その中でも、特に脊柱起立筋(腰にある筋肉)は体幹の安定に欠かせない筋肉です。

体幹が安定すると、ジャンプをした後に高いパフォーマンスが発揮しやすくなります。

周りから見ても滞空時間の長い印象を与える事ができます。

 

◎太ももの筋肉を鍛えよう!

ジャンプ力を高めるためには、下半身のパワーを高める必要があります。

太ももの筋肉は、体の中でもトップクラスの強度を誇り、筋肉の大きさもトップクラスです。

太ももの筋肉を鍛えることで、ジャンプ力はもちろん、足の速さやフィジカルの強さも鍛えられます。

太ももの中でも特に鍛えるべき部位は、ハムストリングス(太もも裏)と大腿四頭筋(太もも前)です。

どちらも膝の曲げ伸ばしや股関節の動きを支える重要な筋肉です。

鍛えると踏み込んで跳ぶ動作が高められます。

バネのように力強く収縮できるようになり、ジャンプ力を高める事ができます。

 

◎お尻・股関節周りの筋肉を鍛えよう!

高くジャンプするには、スムーズに収縮と伸展が行えるバネのような力が必要です。

大臀筋と腸腰筋を中心とした、お尻や股関節周りの筋肉を鍛える事も重要です。

大臀筋は、お尻の外側にある大きな筋肉です。

ジャンプする前に体を縮め、ジャンプ時に強いパワーを発揮する為に必要な筋肉です。

股関節周りの筋肉は、上半身と下半身を結ぶ筋肉です。

ジャンプする時にしっかりと力を上で伝達する為に必要な筋肉です。

どちらも下半身を収縮させ、高い力を上へと向けるために大切な筋肉です。

柔軟性を高めながら、鍛える事が効果的です。

 

◎すね・ふくらはぎの筋肉を鍛えよう!

高くジャンプするには、膝下の筋肉を使って地面を強く蹴り上げる力が必要です。

すね部分にある前脛骨筋と長趾伸筋。

ふくらはぎ部分にある下腿三頭筋も、ジャンプ力を上げるために鍛えたい筋肉です。

この3つの筋肉をしっかり鍛えましょう。

地面を力強く蹴り上げられるようになれば、その反動で高くジャンプできるようになります。

 

ジャンプ力を高める為にはコツを掴む事も重要!

ジャンプ力を高める為にはコツを掴む事も重要!

ジャンプ力を高めるには、筋トレで筋肉を鍛えるのも重要です。

さらに、ジャンプのコツを掴むのも重要になります。

ジャンプする際に、どこに力を入れたら良いのか。

どういう動きで反動がつくのかなどを知っておく事も重要です。

コツを掴む事でジャンプ力を高める事ができます。

高くジャンプするコツについて見ていきましょう。

 

◎腕を振り下ろし、体を縮めて反動をつける!

体を縮めた状態から伸び上がる反動の力が大きいほど、高くジャンプする事ができます。

高くジャンプをする時は、腕を思いきり振り下ろし、体を丸めるように縮めながら反動をつけることが重要です。

丸く縮まったら、強いバネのようなイメージで、それぞれの筋肉を伸展させます。

この時、伸展する力をどれだけ発揮できるかが重要になってきます。

体を限界まで縮めて、縮んだ筋肉を放出するようなイメージで高く上へジャンプします。

 

◎両足で強く踏み込む!

高くジャンプする為には、地面を蹴り上げる反動や、筋肉を収縮・伸展させる力が重要。

ジャンプをする前にどれだけ強い力で踏み込めるかというのも、大切なポイントです。

ジャンプをする時は、必ず両足で強く踏み込むことが肝心。

片足だけでは十分な力が発揮できない為、高くジャンプできません。

体を収縮させる時、強くジャンプする時に、しっかりと両足で地面を踏み込みましょう。

 

◎腕を振り上げながら、地面を強く蹴り上げる!

両足で強く踏み込んだら、下半身の筋肉と腕を振り下ろした反動を使ってジャンプしましょう。

腕を思いっきり振り上げる事がポイントです。

この時、大臀筋やハムストリング、ふくらはぎの筋肉を意識しましょう。

しっかりと地面を蹴り上げるようにするのも重要なポイントです。

かかとからつま先へと重心を移動させ、ジャンプに全ての力を集中させましょう。

 

まとめ

ジャンプ力を高めるには、主に下半身や腕周りの筋肉を鍛えましょう。

さらに、筋肉が収縮・伸展する力とスピードを上げる必要があります。

力を無駄なく筋肉に伝えられるように、ストレッチで柔軟性を高めるのも効果的です。

トレーニングで手に入れたジャンプ力を活かし、スポーツで活躍しましょう。

 

おすすめ関連記事

ABOUT ME
監修者:高橋 凌平
監修者:高橋 凌平
T-BALANCE 秋葉原店トレーナー 高橋凌平  最初はモテたい一心で筋トレを始めました。 そこで筋トレの奥深さを知りトレーニングや食事の知識を身に着け、10kgの減量に成功。 その経験を生かし、パーソナルトレーナーとしてのキャリアをスタートしました。 これまでに1000名以上のお客様の指導をしており、全てのお客様が結果に満足して頂いております。 お客様のニーズに合ったトレーニングや食事方法の指導を得意としております。
RELATED POST