トレーニング

メディシンボールを使って、トレーニング!!おすすめのメディシンボールをご紹介!!

メディシンボールを使って、トレーニング!!おすすめのメディシンボールをご紹介!!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です!

ジムなどでバランスボールではなく、重いボールでトレーニングを目にしたことはありますか?

そのボールのことを「メディシンボール」と言います。

では実際に、メディシンボールを使うとどんな効果があるのか?

メリットやメディシンボールを選ぶポイントもご紹介致します。

 

メディシンボールとは?

メディシンボールとはトレーニング、エクササイズ用のボールのことです。

サイズ、重さのバリエーションが豊富で、大きさは直径15cmから45cm程度。

重さは1kgから15kgまであります。

メディシンボールのタイプにも2種類あります。

  • ボールの表面が柔らかいソフトタイプ
  • グリッドの効いたラバータイプ

ラバータイプでも弾力性のあるタイプとハードタイプがあります。

トレーニングの目的・用途により、メディシンボールの大きさ、重さを使い分けます。

 

メディシンボールの種類

ソフトタイプ

ソフトタイプは、表面がPVCや布などの柔らかな素材を採用しています。

ハードタイプと比べて、低負荷なのが特徴です。

身体に当たってもあまり痛くないため、初心者やリハビリ中の方に適しています。

サイズは大きめのものが多く、遠くまで投げやすいのもポイントです。

落下したり、ぶつかったりするときの衝撃がそこまで大きくないので、自宅で使用しても安心です。

 

ハードタイプ

ハードタイプは、表面が革製やゴム製など硬めのものが多いのが特徴です。

負荷を高くかけられ、本格的なトレーニングをしたい方におすすめです。

なかでも、凹凸が付いている滑りにくいものは、汗をかいていてもしっかり掴むことができます。

落下する心配が少ないので、トレーニングに集中することができます。

サイズは小さめなものが多く、ハンドリングするトレーニングでも使いやすいのがポイントです。

 

メディシンボール、3つのメリット!

1.筋力アップ

腕や腹筋、また全身などあらゆる筋肉を鍛える事が可能です。

ボールの使い方によって筋肉がつく場所も変わってくるので、自分が鍛えたいところを重点的にすることも可能です。

さらにスポーツ選手であれば、その筋トレによってパフォーマンスの向上にもつながります。

とにかく身体を鍛えたいという人も、スポーツ選手にも効果を発揮します。

2.体幹を鍛えることができる

メディシンボールは今流行りの体幹にも効果を発揮します。

いつもトレーニングで鍛える筋肉に加えて、外から見えない筋肉であるインナーマッスルも強くするのです。

体幹が鍛えられれば、

  • 姿勢改善ができる。
  • 身体が引き締まり、細マッチョになれる。
  • 身体の歪みが改善される。

といった変化を見られます。

メディシンボールはじっくり内側から身体を鍛えることにも効果的です。

3.リハビリもできる

メディシンボールの中でも軽めのボールを使用すればリハビリとしても使えます。

実際にリハビリ施設でメディシンボールが既に取り入れられているのです。

筋力が低下している人でも、無理なく持てる大きさのものを選びながら行います。

ゆっくりトレーニングをしていくことで、元の筋肉に近づくことができます。

 

メディシンボールを選ぶポイント4つ紹介!

1.トレーニングレベルを上げたい方はハンドルやロープ付きを選ぶ!

メディシンボールを選ぶ人の目的は様々ですが、本格的なトレーニングを望む場合はハンドルやロープ付きの商品を選ぶと良いでしょう。

通常のボールを用いた筋力トレーニングに加え、オリジナルな使い方ができるためトレーニングのバリエーションが増えます。

更に身体の様々な部位を鍛えたい人にもおすすめです。

2.基礎トレーニングや女性には2~3kg、本格的な筋トレには4㎏以上を選ぶ!

重さもメディシンボールを選ぶ際のとても重要なポイントです。

トレーニング種目によっては、重ければ効果が出るものと、そうでないものがあります。

基礎トレーニングや女性が使う場合は、2~3kgもあれば十分です。

ただ、スポーツを本格的にしている人などのトレーニングには4kgは必要でしょう。

3.大きさは直径20cm以下は片手扱い可能!身体全体を使う場合は直径25cm以上を選ぶ!

ボールの大きさもトレーニングの内容に大きく関わってくるので、しっかりと自分に合った大きさを選ぶようにしましょう。

大まかに、以下の3種類の大きさで使い分けてみてください。

  • 片手で扱えるものは直径20cm以下。
  • 両手に持ってトレーニングをしたい場合は、20cm以下。
  • 両手で持って身体全体を使いたい場合は25cm以上。

4.滑り防止の為に加工のある凹凸仕様を選ぶ!

トレーニング中はどうしても汗をかいてしまい、うっかりと手からボールが離れてしまうことがあります。

凸凹テクスチャーで滑り止め加工が施されていると、しっかりと手に馴染んで滑りにくく扱いやすくなります。

リハビリ中や女性が使用する場合も、手を添えるだけでしっかりと密着するので安心です。

 

まとめ

メディシンボールはトレーニングや目的に応じて、タイプ分けしていく必要があるのがわかりましたね。

それぞれ自分のレベルのあった重さに設定して、怪我をしないようにトレーニングしていきましょう。

そもそも、ダイエットや筋力アップでも、正しいトレーニングフォームで行わないと、効果が出ないので

正しい知識を身に付けてから、トレーニングをするのが最適です。

是非、この機会にメディシンボールを使って、トレーニングをしてみて下さい。

ABOUT ME
監修者:蛭田 巽
監修者:蛭田 巽
トレーナーの専門学校を卒業後、某エステティック事業兼パーソナルトレーナーの会社で6年間勤め、パーソナルトレーニングを初め、加圧トレーニング、パーソナルストレッチ、グループレッスンをやっておりました! 現在はパーソナルジムT-balanceでトレーナーをしております。 ボディメイクを目的にトレーニング指導、食事指導など、楽しくトレーニングできるようしっかりサポートさせていただきますのでカウンセリングお待ちしております。