トレーニング

筋トレで筋肉痛にならないとダメ?筋トレと筋肉痛の関係!

筋トレで筋肉痛にならないとダメ?筋トレと筋肉痛の関係!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

トレーニング後の筋肉痛って辛いですよね。

身体を動かした、次の日や2日遅れの忘れたことにでやってくるので、余計に辛く感じます。

っていうか筋肉痛っていったい何のための痛み??

今回は筋肉痛について、解説します!

 

筋肉痛っていったい何?

筋肉痛っていったい何?

実は筋肉痛のメカニズム・原因はいまだに解明されていません!

日常的なものであるのに、解明されていないとは人間の身体は不思議がいっぱいです。

現在有力とされている説は、

筋肉に負荷がかかり損傷した部分が修復するための炎症

です。

他にも、運動を行うと筋肉の中に乳酸などの疲労物質が筋肉痛を引き起こすと考えらています。

どちらにしても、筋肉痛は謎の現象なのです。

 

筋肉の成長「超回復」

筋肉の成長「超回復」

筋肉はトレーニングにより損傷し、回復(筋肉痛)の段階で前の状態よりも強くなります。

この状態を『超回復』といいます。

つまり、トレーニング→筋肉の損傷→筋肉の回復→レベルアップ→トレーニング→筋肉の損傷・・・の繰り返しで筋肉は成長していきます。

筋トレを頑張って筋肉痛になったときは、ただの回復ではなくレベルアップのための準備とも言えます。

 

筋肉痛にならないと筋トレの効果はないの?

筋肉痛にならないと筋トレの効果はないの?

結論から言うと、筋肉痛がなくても筋トレを頑張っていれば効果があります!

筋肉痛の有力説は筋肉が損傷したことによるものです。

筋トレを続けていると、筋肉痛が軽かったり、全くないこともあります。

筋肉痛になる原因は『今の筋肉では支えきれない負荷がかかる』、もしくは『筋肉が動きに慣れていない』からです。

つまり、筋トレをある程度続けていると筋肉痛になっても程度が小さい、または筋肉痛にならない、という現象が起きるのです。

筋肉痛にならないと筋トレの成果がしっかり出ているのか不安になりますよね。

しかし筋肉の成長(筋肥大など)と、筋肉痛が起きる原因は完全にイコールではなく、筋肉痛にならないとダメということはありません。

 

ホルモンの分泌で筋肉の成長

ホルモンの分泌で筋肉の成長

『超回復』により筋肉の成長をすると考えられていますが、筋肉成長の要因は『ホルモンの分泌』も関係しています。

トレーニングを行うと『成長ホルモン』『テストステロン』などの筋肥大を促すホルモンが分泌されます。

これらのホルモンの効果により筋肉の成長、筋肥大が起こります。

必ずしも筋肉痛=筋肥大という訳ではないのです。

筋肉痛はトレーニング後の一つの目安として考えるのが良いですね。

 

筋肉痛の時の筋トレ

筋肉痛の時の筋トレ

基本的に筋肉痛の時の筋トレは避けましょう。

上記でも説明したとおり、筋肉通が起こっているときは超回復を上手く利用し筋肉を成長させます。

基本的に筋トレ後24〜72時間はしっかりと休息をとることが重要です。

筋トレをしすぎると、筋肉の回復が起こる前に筋肉をさらに傷つけることになり、結果的に筋肉が弱くなり成長が期待できません。

また、それ以降も筋肉痛が残っている場合には、無理にトレーニングをおこなうべきではありません。

筋肉痛がある中で無理にトレーニングをおこなうと、フォームが崩れて怪我の原因につながります。

つまり、ひどすぎる筋肉痛を起こすほどの過度な筋トレが最大の効果を得る為に必須であるとは限りません。

回復を遅めてトレーニングの頻度や効果を下げてしまう結果になる可能性もあります。

あまり筋トレ慣れをしていないのに急にやりすぎることは避けましょう。

 

筋肉痛でも筋トレがしたい場合

筋肉痛でも筋トレがしたい場合

筋肉痛だけど、どうしても筋トレがしたいのであれば、筋トレを『部位分け』で行っていきましょう。

この日は下半身、この日は胸、この日は…というようにトレーニングする部位を1日ごとに分けて行っていきます。

すると前日トレーニングした部位が筋肉痛であっても、今日トレーニング部位は筋肉痛ではないのでトレーニングを行うことが可能です。

さらに、その日はその部位を集中して鍛えることができるので、筋トレの効率がアップします。

筋トレを毎日行いたいという欲求だけでなく、効率よく筋肉を成長させるスケジュールが部位分けになります。

 

栄養・休養も大事です

栄養・休養も大事です

筋トレを行うのであれば、栄養と休養も大事な工程になります。

たんぱく質は筋肉にとっての栄養となるので、筋トレを行う方は積極的にたんぱく質を摂取する必要があります。

また休養によって身体を回復させることも必要になります。

部位分けを行っていても、疲労は蓄積されるものです。

もちろん疲労を感じていなければ続けてトレーニングを行っても問題ありませんが、疲労を感じるのであれば休息日を設けましょう。

また睡眠も身体を回復させ、筋肉を成長させる大事な時間です。

慢性的な睡眠不足は筋肉の成長を遅らせるだけでなく、疲労回復もできずトレーニングどころではなくなってしまいます。

運動・栄養・休養の3つのバランスが取れていることで、元気に身体を動かし筋肉を成長させることが出来るのです。

 

まとめ

筋肉痛はまだ謎のメカニズムではありますが、筋肉を成長させる目安になります。

また筋肉痛がないからと言って筋肉が成長しないわけではなく、しっかりと筋トレを行うことで筋肉の成長が期待できます。

筋肉痛になったとき辛いことには変わりはしませんが、身体を成長させている段階だと思いましょう。

逆に筋肉痛がないと不安になるかもしれませんよ(笑)

 


 

トレーニングでお悩みならT-BALANCEへお問い合わせを!

トレーニングでのお悩みはありませんか?

パーソナルトレーニングジムのT-BALANCEではお客様にあったメニューを組んだり、食事のアドバイ

スが可能です!

さらに個室でプライベートで行えるので、他の方の目も気になりません。

お悩みがあれば是非お問い合わせください!

パーソナルトレーニングジムならT-BALANCE