注目の記事 PICK UP!

トレーニングを手伝ってくれるトレーナーは資格保有者?どのような資格があるの?

トレーニングを手伝ってくれるトレーナーは資格保有者?どのような資格があるの?

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!

トレーニングをサポートするトレーナー。チーム、選手や個人であったり様々な場面で活躍していますね。

体を扱う仕事なので知識や技術、責任も求められる職業です。

はたしてパーソナルトレーナーの資格はあるのでしょうか?また資格は必要なのでしょうか?

パーソナルを受けるにあたり素朴な疑問を解決します。

パーソナルトレーナーの資格はたくさんある!

パーソナルトレーナーの資格はたくさんある!
パーソナルトレーナーの資格たくさんあります!

どのトレーナーも取得を目指す大きな団体の資格や、養成スクールで認定される資格などさまざまです。

これらの資格は必須なのでしょうか?

パーソナルトレーナーは資格が必要ありません!

パーソナルトレーナーは資格が必要ありません!
実はパーソナルトレーナーは資格が必要ありません。

私はパーソナルトレーナーです、と言うだけで誰でもなれるのです。

もちろん資格を取得するには知識が必要になるので資格保有者であれば安心ではありますよね。

ただ資格保有に満足して、実力のないトレーナーが存在するのも事実ですので注意が必要です。

ではどのような資格があるのでしょうか?

NSCA-CPT、CSCS

NSCAはNational Strength and Conditioning Associationの略で本部はアメリカにあります。

ストレングス(神経-筋系全体の能力)とコンディショニング(体力要素の総合的な調整)に関する知識を有する資格を取得できます。

NSCAの資格認定者数は、2018年8月末時点、全世界で延べ46,000名を超えています。

NSCAジャパンは1991年に設立されました。

一般の方からアスリートまで幅広く指導を行うことができます。

NSETA-PFT

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の本部もアメリカにあります。

フィットネス業界ではとても有名な資格です。

パーソナルトレーナーとしての知識・技術の教育だけでなく、ビジネス面からもトレーナーの役割を取得することができます。

国際的にも信頼性の高い資格です。

JATI-ATI

日本トレーニング指導者協会認定の資格です。

2006年にトレーニング現場の第一線で活躍された方々が設立した団体です。

比較的新しい団体ではありますが、フィットネスジムによってはパーソナルトレナーの必須保有資格としているところもありあます。

こちらも認知度が高い資格です。

全世界から情報を収集し、日本で活躍するトレーナー向けのトレーニング法や指導法などを取得することできます。

健康運動指導士/健康運動実践指導者

健康・体力づくり事業団によって平成19年に設立された資格です。

健康運動指導士は保健医療の関係者と連携しプログラムの作成、指導計画の調整などを行います。

健康運動実践指導者は指導士が作成したプログラムを実践指導を行います。

パーソナルトレーニングジムが発行する資格

スクールが認定パーソナルトレーナーとして資格を発行しているパターンもあります。

週1~2回、大体半年カリキュラムを学び、卒業試験に合格するとスクール認定パーソナルトレーナーとして資格を取得することができます。

もちろん協会ほどの認知はありませんが、しっかりとパーソナルトレーナーを学んだという証にはなります。

どうやってトレーナーを選ぶか?

どうやってトレーナーを選ぶか?
日本で代表的な資格をご紹介してきましたが、どの資格も民間団体が発行する資格となります。

冒頭にも記述しましたが、トレーナーになるために資格は必須ではありません。

実際、資格を保有せず実績と経験の信頼のみでアスリートに指導をしているトレーナーも存在します。

つまりはそのトレーナーが自分が満足する指導を出来るのか出来ないのか、になります。

そこの判断は正直なかなか難しいです。

が、T-BALANCEのトレーナーはしっかりとした研修、自身のトレーニングによる研鑽を積んだトレーナーばかりです。

迷っているのであれば、是非T-BALANCEにお問い合わせください!
パーソナルトレーニングジムならT-balance

関連記事

  1. 椅子を使ってトレーニング!オフィスでも、自宅でも出来るトレーニング5選!

    椅子を使ってトレーニング!オフィスでも、自宅でも出来るトレーニング5選!

  2. 忙しいあなたに!効率的なトレーニングのすすめ方!

    忙しいあなたに!効率的なトレーニングのすすめ方!

  3. トレーニングへのモチベーションが上がらない時に行うと良い16選

    トレーニングへのモチベーションが上がらない時に行うと良い16選

  4. トレーニングにはメンタルも大事!トレーニングを成功させるためのメンタルの整え方

  5. 女性でも出来る!おススメのダンベルトレーニング10選!

    女性でも出来る!おススメのダンベルトレーニング10選!

  6. トレーニングに最適な時間帯は?朝?夜?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

  7. 美尻筋トレの基本!筋肉の仕組みや自宅でジムレベルの効果が期待できる美尻筋トレのやり方

  8. 女性でも簡単!インナーマッスルを鍛えて美ボディに!

    女性でも簡単!インナーマッスルを鍛えて美ボディに!

  9. トレーニングにも計画性を!スケジュールをたてて効果をあげよう!

    トレーニングにも計画性を!スケジュールをたてて効果をあげよう!

PAGE TOP