レベルの高いトレーニングで差がつく?トレーニングの効果について

レベルの高いトレーニングで差がつく?トレーニングの効果について

パーソナルトレーニングジムT-BALANCEです!

いきなりですが、みなさんは何を意識して、どんなトレーニングをしていますか?

なんとなくトレーニングを行っているだけの人と、レベルの高いトレーニングをしっかりと行っている人とでは、当然体つきには差がついています。トレーニングで効果が出る人と、出ない人とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

また、トレーニングによって得られる効果とは?

 

トレーニング初心者が陥りやすいこと

トレーニング初心者が陥りやすいこと

 

たいした重量のウエイトを扱うことができない。それは当たり前ですが、たとえ週1日の頻度であっても、1〜2ヶ月も継続すれば、それなりに扱えるウエイトも上がり、カラダつきも変化していきます。

そうなってくると、目に見えて筋力がアップし、筋肉量も増えていることが実感できるようになり、ますます筋トレが楽しくなってきます。

これ自体はとてもすばらしいことですが、逆に言うと、こうしたマインド&フィジカルの変化を実感できないと、筋トレに対するモチベーションは低下し、早々にジム通いを辞めてしまうかもしれません。

そうならない為にも、効果の高いトレーニングができると良いでしょう。

 

効果の高いトレーニング

①フォーム

①フォーム

 

筋トレの負荷をあげて、さらに回数も増やしてみる。すると、「自分はこんなにできる」という達成感を感じることもあるでしょう。その達成感、とても大切なのですが、反動や勢いを利用して動作していたとすれば正しい刺激は得られませんし、フォームが崩れていれば、効果も半減してしまいます。

「どれだけ重いウェイトを使って回数を増やせたか」も大事ですが、「正しいフォームを意識してゆっくりと、狙った筋肉をきちんと活用し、良質な刺激を与えていくこと」が出来てこそ、重いウェイトでの効果があると思います。

どんな種目にも共通して言えるのは、「背すじを伸ばして胸を張り、腰を入れる」ということです。猫背になったり腰が引けていると、力が抜けてしまってせっかくの運動効果が得られません。

②トレーニングする筋肉を意識する

②トレーニングする筋肉を意識する

筋肉を強化してメリハリのある体型をデザインするためには、狙った部位へ効果的な負荷を与えることが一番大切です。トレーニング中には「今、鍛えている部位」に意識を集中させてください。

トレーニングには、「意識性」と言う点も大きく影響します。一流のアスリートになったつもりで、1つ1つの動作を大切にトレーニングしてみてください。そうすることで、トレーニングの目的意識もよりイメージしやすくなり、落ち着いた所作が正しいフォームにつながるはずです。

トレーニングは丁寧に意識して行うことが大事だとわかりましたね。

 

年齢による効果の違いはあるのか?

年齢による効果の違いはあるのか?

確かに筋トレも若い方の方が効果が出やすいですが、中高年の方でも効果は見込めます。

筋トレは、何歳から始めても、正しいフォームで継続的におこなえば年齢にかかわらず確実に筋肉は成長すると言われています。

筋トレはそれぞれに合った強度で行えば、中年のお父さん世代でも高齢者の方でも効果はあるのです。

若い人のようにマッチョになるための筋トレではなく、健康で若々しい身体を保つために筋トレをすべきです。

 

高齢者のトレーニング効果とは

適切な筋力トレーニングを行うことで筋力増強の効果が得られます。身体を支える抗重力筋の筋力増強により姿勢保持能力の向上、転倒予防、移動能力の向上を図ることができ、生活の質が向上します。

また、トレーニングにより生活習慣病の予防、改善にもつながるといわれております。

 

筋力の低下は高齢者のみの問題ではない

 

筋力の低下は高齢者のみの問題ではない

最近便利な世の中になったおかげか、高齢者に関わらず筋力の低下、生活習慣病になる若者も増えてきています。

なぜなら、歩かなくても移動できる。行かなくても買える。作らなくても食べられる。すごい世の中ですね。

現代人は昔に比べて歩く距離など、運動頻度などが極端に減りました。
便利な世の中になればなるほど、不健康になっていってる気がします。筋力の低下、生活習慣病などは高齢者のみの問題ではなくなってきているのです。

人間の体は賢いので、頻繁に使う部分はその機能を増強させていくのですが、たまにしか使わないとどんどん退化していくのです。

たとえば、筋肉というのは使わなければどんどんやせ衰えてしまうでしょう。
運動というのは筋肉や骨に大きく関係しているため、運動不足になるとこれらの機能が衰えてしまいます。

また、筋肉や骨だけではなく、体内のあらゆる臓器が運動と密接に関わっているのです。
運動不足が続いてしまうと、それによって臓器や器官にまで影響が出てしまうことがあります。

たとえば肺のような呼吸器や心臓や血管といった循環器、肝臓や胃腸といった消化器、さらには脳にまで影響を及ぼしてしまうことがあるでしょう。

これらの機能は運動不足が続くと衰えていってしまうため、それによって生活習慣病を進行させることにもつながります。
運動不足になると肥満になりやすくなってしまい、その結果としていろいろな障害が出るでしょう。

 

トレーニングによって得られる効果とは?

生活が規則正しくなる

生活が規則正しくなる

大事な事です。長期間運動不足の状態で夜眠りにつくと、睡眠も浅くなります。質の悪い睡眠は人をイライラさせますよね?

それに引き換え、ぐっすり眠れた朝は何だかやる気も充実していませんか?朝からテキパキ動いて、仕事や家事もはかどります。筋トレを定期的に継続して行うと、充実した毎日が過ごせるのです。

筋トレやちょっとしたストレッチ等を毎日行うと、「さあ、やるぞ」と毎日自分に言い聞かせているので、ダラダラした1日を過ごすことが無くなります。

座ってテレビを見ながらお菓子を食べる時間を筋トレに当てれば、ダイエットと筋トレとが一緒にできて一石二鳥ですよ!

 

幸福度が増す

幸福度が増す

筋トレなどの運動をすると、脳からドーパミンと言う物質が出てきます。ドーパミンは気持ちを前向きにしたり、幸福感を高めたりする効果を持っています。簡単な例で言うと、スポーツをした後の清々しさもドーパミンが関係しています。

継続して筋トレをする人と普段あまり筋トレをしない人とでは、好ましくない状況になった時に明らかに気持ちの持ちようが違うようです。

毎日筋トレなどの運動をしている人は、毎日脳からドーパミンを出して気持ちが前向きになっているわけですから、運動しない人に比べて前向きさ加減が違ってきて当然です。

日常に筋トレを組み入れて継続して運動すると、こんな素敵な効果が私たちの脳と体に起こってきます。

 

アンチエイジング?

アンチエイジング?

筋トレをして筋肉量を増やすことで、「成長ホルモン」の分泌を活性化できるのです。毎日継続的に筋トレやその他の運動をすれば、年齢に関係なく若々しさを保てる効果があります。

成長ホルモンと言うと、子供の成長時だけのもののように感じますが、成人した我々にも成長ホルモンは必要です。別名「若返りホルモン」です。この若返りホルモンも年齢と共に分泌量は減っていってしまします。

 

メタボ対策にもなる?

中高年になると、健康診断の結果ダイエットをするように指導される人も増えてきます。年齢を重ねると筋肉が減って基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまうので、メタボの人の割合も増えてしまうことになります。

この場合体重だけを減らすのは大きな間違いです。体重を減らすために食事を制限した、低カロリーダイエットを継続すれば、3カ月で一気に5%の筋肉が減ってしまうこともあるからです。

わずか3カ月で、体にある20分の1の筋肉を減らしてしまうのです。怖い話ですよね?毎日筋トレをして筋肉を増やし、基礎代謝を上げて効果的なダイエットをしながらメタボ予防をすることをお勧めします。

 

サルコペニア肥満

サルコペニア肥満

サルコペニア肥満ってご存知ですか?メタボは有名な言葉になって久しいですが、痩せているのに内臓脂肪が多い人は隠れ肥満と呼ばれます。

人間は年齢と共に筋肉が減り、歩くなどの日常生活機能が落ちてきます。そんな状態をサルコペニアと呼びますが、その状態でさらにBMI指数が25以上になれば「サルコペニア肥満」となります。

サルコペニア肥満になったら、高血圧や糖尿病のリスクがぐんと跳ね上がります。どうすればサルコペニア肥満を予防できるかと言うと、そこで筋トレの出番です。毎日筋トレや運動をして筋肉を増やす努力をしていれば、サルコペニア肥満を予防する効果もあるんです。

 

寝たきりや認知症の予防にも?

人間は脚から弱っていくのは昔から言われていることですので、筋トレで脚の筋肉を付ければ元気に歩くことができ、寝たきりになりにくいのは、どなたでも納得の結果ですよね?そんな筋トレと認知症の予防とはどう結びついていくのでしょう。

筋トレを含む運動をすると、体全体の血行が良くなったり、脳の血行も改善されます。そしてドーパミンの分泌が促されて「やる気スイッチ」が入ります。

その上気持ちが前向きになり、幸福感が高まるので悩みも解消されます。前向きなプラス思考が行動力を呼び戻し、認知症の予防にプラス効果があると言われています。

 

まとめ

筋トレはただ体を鍛える以外にも、沢山の効果を持っていることが分かりましたよね?でも自分はもう年だから、今更筋トレしても無駄じゃないの?と思っている方に朗報です。筋トレはいくつから始めても年齢に関係なく効果が出るんです。

鍵は継続にありです!継続したトレーニングは年齢に関係なく、体を強くする以外にも様々な良い効果を生みます。
今回紹介したトレーニングの効果は、あくまでもその中の一部に過ぎません。健康的に楽しく人生を過ごすためにも、筋トレを生活の中に取り入れてみましょう!

 

是非パーソナルジムT-BALANCEをご利用いただき、自分自身にあったトレーニングをしましょう!

パーソナルトレーニングジムのティーバランス

関連記事

  1. 男らしい上半身に!片手懸垂のトレーニング効果!

    男らしい上半身に!片手懸垂のトレーニング効果!

  2. 男性も女性も肩を鍛えよう!おススメの肩のトレーニング5選!

    男性も女性も肩を鍛えよう!おススメの肩のトレーニング5選!

  3. アミノ酸ってなに?トレーニングにおススメなアミノ酸の種類と選び方

    アミノ酸ってなに?トレーニングにおススメなアミノ酸の種類と選び方

  4. トレーニングのお供に「コーヒー」を!飲むだけで効率アップ!

    トレーニングのお供に「コーヒー」を!飲むだけで効率アップ!

  5. 夏目前!自宅で出来る二の腕トレーニング!

    夏目前!自宅で出来る二の腕トレーニング!

  6. トレーニングに最適な時間帯は?朝?夜?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

    トレーニングに最適な時間帯は?朝?夜?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

  7. 胸をでかくする!チェストプレスの効果的なやり方!

    胸をでかくする!チェストプレスの効果的なやり方!

  8. 筋力トレーニングは計画的に!初心者でも出来る基本的な考え方!

    筋力トレーニングは計画的に!初心者でも出来る基本的な考え方!

  9. メディシンボールを使って、トレーニング!!おすすめのメディシンボールをご紹介!!

    メディシンボールを使って、トレーニング!!おすすめのメディシンボールをご紹介!!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP