リストラップとは?リストラップおすすめランキング5選!

トレーニングのお供に!手首にはリストラップ!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

トレーニングでダンベルやバーベルを持ち上げる時、手首には大きな負担がかかります。

それを軽減してくれるトレーニングアイテムが、「リストラップ」です。

使い方は手首に巻くだけでとても簡単です。

今回はリストラップについてご紹介します。

 

リストラップとは

リストラップはダンベルやバーベルを扱うフリーウェイトトレーニングで手首を保護するためサポーターです。

特にベンチプレスなどでのトレーニング時に使うことで、手首を安定させ反りかえりを防ぎます。

手首に巻き付け、マジックテープで固定するものが主流です。

手首は、体の中でも比較的細く、筋力が付きにくい部分です。

たとえば高重量を扱う時に手首が反り返ると、手首が曲がった方向に重さが分散されてしまい、負荷が逃げてしまうことになります。

さらに、不自然に曲がった手首の状態になり、手首への負担が増加し、痛みやケガを引き起こすことにも繋がります。

手首に負担をかけずにトレーニングするためにリストラップは必須アイテムとも言えます。

 

「リストストラップ」とは違います

「リストストラップ」とは違います
「リストラップ」と名前が似ている「リストストラップ」。

「リストストラップ」は握力を補助してくれるアイテムです。

ダンベルやバーベルを持ち上げるときに手首に巻き付けてることで、握力の補助をしてくれます。

主にプル系、引く動作で使われます。

「リストラップ」はプル系、押す動作で使われるアイテムです。

 

「リストラップ」の選び方

①硬さ

硬さ
モデルにより硬さが異なります。

硬めのリストラップなら手首をしっかりとホールドしてくれるので、高重量を扱う時に安定感が得られます。

しかし、硬すぎると手首自体に負担がかかることもあります。

動かしにくいようですとトレーニングに支障が出てしまうので、適度な硬さのものを選びましょう。

初心者の方はまず、巻きやすい柔らかいものから始めてもよいかもしれません。

②長さ

長さ
30~90cmまでありますが、60cmのものが一般的です。

短いものですと着脱は楽になりますが、その分手首を支える力は弱くなります。

長いものは短いものとメリット・デメリットが逆になり、着脱が面倒で、支える力は強くなります。

やはり60cmのものを選ぶことをおすすめします。

 

おすすめのリストラップ

①FERRYリストラップ

FERRYリストラップ
1000円以下で購入できる、手ごろなリストラップです。

すべりにくい特殊な布素材を採用しているので、重量物を扱うトレーニングの際の安全性は問題ありません。

手ごろな価格なので、初心者の方にまずおすすめのものです。

②GOLD’S GYMリストラップ

GOLD'S GYMリストラップ
比較的柔らかめで、締め付け具合によって強度を変えることができます。

ループをつけることによって手首にしっかりと巻きつけることができるので安定感は高いです。

③ROGUE FITNESSリストラップ

ROGUE FITNESSリストラップ
使い心地の良さや、ほかのメーカーとは違う独自のデザイン性が魅力的です。

機能性はもちろん、素材はクッション性に優れ、手首をしっかりとサポートしてくれます。

④Schiekリストラップ

Sciek リストラップ
長さは60cmと標準的な長さで、手首にしっかりと巻き付けて固定させることができます。

トレーニングの上級者から初心者まで幅広くおすすめすることのできるモデルです。

⑤SBD JAPANリストラップ

SBD JAPANリストラップ
日本のメーカーなので、高品質で安全安心です。

フレキシブルとスティッフタイプがあり、どちらのタイプも素材は独自で開発された弾性素材です。

 

まとめ

トレーニングは身体を酷使します。

いくら筋肉をつけても、怪我をしないという保証はありません。

いつまでも全力でトレーニングするためにも、リストラップは揃えておきたいアイテムの1つになります。

是非、購入をご検討ください!

 

トレーニングでお悩みならT-BALANCEへお問い合わせを!

トレーニングでのお悩みはありませんか?

パーソナルトレーニングジムのT-BALANCEではお客様にあったメニューを組んだり、食事のアドバイスが可能です!

さらに個室でプライベートで行えるので、他の方の目も気になりません。

お悩みがあれば是非お問い合わせください!

パーソナルトレーニングジムならT-BALANCE

関連記事

  1. 筋肉量で見た目が変わる!?体重だけがスタイルを作っているわけではありません

    筋肉量で見た目が変わる!?体重だけがスタイルを作っているわけではありません

  2. 糖質制限ダイエットで筋肉が落ちる?!筋トレと糖質との関係とは

  3. 毎日腹筋やらなくてもよい?お腹を引き締めるための腹筋トレーニング

    毎日腹筋やらなくてもよい?お腹を引き締めるための腹筋トレーニング

  4. 知っておこう!トレーニングの8つの原理と原則

    知っておこう!トレーニングの8つの原理と原則

  5. 男性のためのボディメイク!効果的なトレーニングとポイント教えます!

    男性のためのボディメイク!効果的なトレーニングとポイント教えます!

  6. トレーニングを手伝ってくれるトレーナーは資格保有者?どのような資格があるの?

    トレーニングを手伝ってくれるトレーナーは資格保有者?どのような資格があるの?

  7. 筋肉量が少ない女性必見!筋肉量を増やすための運動方法を解説!

    女性が筋肉量を増やすための筋トレ方法を解説!

  8. 朝の筋トレの効果は?おススメのトレーニング方法!

    朝の筋トレの効果は?おススメのトレーニング方法!

  9. 空腹でトレーニングしても大丈夫?そんな時の解決策教えます!

    空腹でトレーニングしても大丈夫?そんな時の解決策教えます!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP