トレーニング

トランポリンでダイエット!トレーニング効果と方法をご紹介!

トランポリンでダイエット!トレーニング効果と方法をご紹介!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

暗闇フィットネスの流行りの中に、トランポリンがあるのをご存じですか?

トランポリンのイメージといえば、子供の遊びですが、今はフィットネス分野にも進出しています!

ジムへ出向かなくても、自宅でもできるトランポリントレーニングを解説します!

 

トランポリンのメリット

トランポリンのメリット
体幹だけでなく全身運動もできるトランポリンのメリットを見ていきましょう。

体幹が鍛えられる

体幹は、横隔膜や腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群などインナーマッスルと呼ばれる筋肉を中心に、胴体部分を言います。

インナーマッスルは、日常生活ではなかなか使われず「眠った筋肉」だと言われますが、

トレーニングにより体幹を鍛えることで、筋肉量がアップして基礎代謝が上がり、痩せやすい身体を作ることができます!

脂肪燃焼効果

NASAの研究ではジョギングやウォーキングよりも運動効率が68%高いという結果が出ています。

5分間跳ぶと、ジョギング約1キロ相当の運動量になると言われています。

体脂肪を燃焼させるための消費カロリーもそ高く、てダイエットに効果的ということです!

リンパの流れがよくなる

ジャンプは全身運動です。

1回跳ぶだけで、老廃物が溜まって流れにくくなっているリンパ線を動かし、リンパ液の浄化作用があります。

リンパ液は、血管からにじみ出た栄養素を細胞に送りつつ、老廃物を受け取って排泄をするという一連の流れをっています。

連続して跳ぶことでリンパの流れが改善し、余分な水分や老廃物を体外に排出してむくみ解消に役立ちます。

さらに血管の流れも良くなるので基礎代謝アップも期待ができ、細胞をいつまでも若く保つことが可能です!

姿勢改善

トランポリンは背中(体幹)の筋肉も鍛えられます。

背筋が鍛えられることで正しい姿勢がキープしやすくなり、猫背や悪い姿勢の改善に役立ちます。

姿勢が正しくなれば、悪い姿勢から押しつぶされた内臓が元の位置に戻り消化器官の働きが正常に戻ります。

すると体全体に栄養が行き渡るようになり、体の健康維持にも効果が期待できます。

ストレス解消

トランポリンのような一定のリズムがある運動は、脳を刺激してセロトニンを多く分泌させます。

セロトニンは脳をリラックスさせ、ストレス解消にも役立ってくれるので、運動をしながらイライラも解消できます。

またうつや不安症にも効くと言われています。

自宅で手軽に行える

トランポリンは安いものであれば3000円程度で購入できます。

手すりが付いた安全にできるものでも6000円程度です。

また室内で行うので、天候に左右されずトレーニングすることが可能です。

 

トランポリントレーニング方法

トランポリンのトレーニングは様々な方法があります!

①小さいジャンプ

小さいジャンプ
基本的に小さいジャンプを行いながら、動きをプラスしていきます。

小さいジャンプでは負荷は小さいですが、基本であり誰でも取り組めるので、まずはここから始めて見ましょう。

  1. 足を軽く開き、トランポリンに乗る
  2. 両手を振ってバランスを取りながら、ジャンプする
  3. 慌てず、反動を使うことを意識する

②ウォーキング

ウォーキング
慣れてきたらウォーキング(足踏み)をしてきましょう。

トランポリンの上は不安定なため、バランスをとるので細かな筋肉が使われます。

  1. 腕を振ってトランポリン上でウォーキング(足踏み)をする
  2. できるだけ膝を高くあげる
  3. 跳ね過ぎないように注意

③回転ジャンプ

回転ジャンプ
身体のひねりを加えて、回転してきます。

ジャンプするだけよりも負荷を加えることができますよ。

  1. 小さいジャンプをする
  2. ジャンプのたびに身体をひねり、少しずつ回転
  3. 1周回ったら、逆に回る

④ハイタッチ

ハイタッチ
ジャンプ時に頭の上で両手を合わせ、ハイタッチをしましょう。

上半身の動きが加わるので、バランスをしっかりとりながら、上半身の筋肉も刺激を入れられます。

  1. 小さいジャンプをする
  2. ジャンプの頂点の時にハイタッチ
  3. 肘をしっかりと伸ばしてタッチする

⑤大ジャンプ

大ジャンプ
大きくジャンプしていきましょう。

難易度が高くなるので、慣れてきたころに行いましょう。

  1. まずは小さいジャンプから
  2. 膝を曲げて、トランポリンを踏みつけジャンプ
  3. 跳んだ瞬間に軽く膝を抱えるような形をとる
  4. トランポリンの反動をしっかり使って大ジャンプ

⑥開脚ジャンプ

開脚ジャンプ
大ジャンプ時に脚を大きく開きます。

下半身の筋肉により刺激が入れられます。

  1. 大ジャンプをする
  2. ジャンプと同時に脚を左右に開く
  3. トランポリンに着地時は脚を閉じる

⑦ダッシュ

ダッシュ
難易度はとても高くなります。

しかし運動効率もとても高くなるので、慣れてきたらぜひ行っていきましょう!

  1. まずはウォーキング
  2. 徐々にスピードを上げて、ダッシュする
  3. 背筋を伸ばして、しっかり腕を振る

 

まとめ

始めのうちはバランスを取ることが難しいトランポリンですが、ご自身のレベルでトレーニングすることが可能です。

シンプルなトレーニングですが、効果は大きなものを得られます。

トレーニングが面倒だと思っていた方も、試してみると楽しさで続けることが出来るかもしれませんね!

おススメの関連記事