筋トレに最適な時間帯は?朝?夜?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

トレーニングに最適な時間帯は?朝?夜?それぞれのメリット・デメリットをご紹介!

ボディメイクやトレーニング情報サイト「フィットネスカルチャー」です。

24時間オープンのジムがどんどん増えてきていますね!

忙しい現代人にはトレーニングする時間が確保することが難しくなってきたことからでしょう。

では、いつでもトレーニングが出来るとすればいったいいつトレーニングをすると良いのでしょうか?

 

トレーニングに最適な時間

トレーニングに最適な時間
トレーニングを行う最適な時間はあるのでしょうか?

トレーニングに向いている時間帯はずばり 『夕方』 です。

生体リズムとして体の機能は昼間から夕方にピークを迎えます。

そのためトレーニングの効果が表れやすいのは午後から夕方といわれています。

筋肉をしっかり動かすためには、体温がまだ上がらず、筋肉が硬い状態にある朝よりも、

体温が上昇している午後のほうが、交感神経も働き筋肉に刺激が入りやすくなります。

 

成長ホルモンの分泌を調べる実験も、朝よりも夕方のほうが運動によって分泌量が上がるデータが出ています。

成長ホルモンは筋肉の修復・合成を促進する効果があります。

時間が作れる時は、午後~夕方 を狙っていきましょう。

 

時間が上手に取れないときはどうする?

夕方が最適な時間だと分かっていてもそれ以外でしか時間が取れないときはいけないのでしょうか?

朝と夜トレーニングをするメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

朝のトレーニングのメリット

朝のトレーニングのメリット
代謝の上昇

人間の身体は朝起きた直後は体温が低く、代謝も下がった状態です。

朝にトレーニングを行うと体温と同時に代謝も上昇させることができるだけでなく、効果的なカロリー消費につながります。

代謝が高い状態はその後も続き、結果として一日を通じて多くのカロリーを消費するので脂肪の燃焼効果が期待できます。

筋肉がつくられやすい

筋力トレーニングを行うと男性ホルモンの一種であるテストステロンが分泌されます。

テストステロンは寝ている間にも脳から分泌され、しっかりと眠れていれば分泌も盛んになります。

テストステロンは筋肉の生成にも重要な役割を持っているので、朝のトレーニングは筋肉がつきやすいメリットがあります。

またテストステロンは集中力や判断力を向上させる効果もあります。

 

朝のトレーニングのデメリット

朝のトレーニングのデメリット
身体が寝ている

まず、朝起きた直後は身体がまだまだお休みモードです。

そのため、急に高い負荷のトレーニングを行うとケガにつながってしまうこともあります。

そのためには身体をしっかりとほぐすことが必要です。

食事のタイミングを考える必要がある

朝食を取る前、身体のエネルギーはゼロに近い状態です。

筋トレを行うためにはエネルギーを補給する必要があります。

逆に満腹になってしまうとトレーニングができなくなるため、エネルギーの補給のタイミングには注意する必要があります。

疲れが残る

トレーニングを頑張りすぎると、疲れが残ってしまったり、日中に眠気を感じるということもあります。

 

夜のトレーニングのメリット

夜のトレーニングのメリット
トレーニングに入りやすい

日中を過ごしているのですでに体温も上昇、ある程度筋肉もほぐれているため、すぐにトレーニングを行いやすい状態です。

食事などでエネルギーや水分を取っているため、身体は動きやすいく、

重い負荷を扱ったり、激しいトレーニングを行っても、ケガの心配はかなり少なくなります。

成長ホルモンの分泌

成長ホルモンの分泌が高まるのは夕方です。

ある程度夕方に近い時間帯であれば成長ホルモンが分泌されやすく、筋肉の成長につながります。

睡眠の質の向上

トレーニングを行うときには、しっかりと休養して筋肉の疲労を回復させる必要があります。

夜の筋トレによってよい眠りを向かることができると、身体の調子も整い、快適に次の日を迎えることにもつながります。

 

夜のトレーニングのデメリット


食事のタイミングに注意

できれば食事をしてからトレーニングまで、2時間以上の時間を開けるようにしましょう。

といっても、空腹でのトレーニングはエネルギー不足になってしいます。

夕食は軽めにして、トレーニングをしてから補助的な栄養補給を行うなどの工夫が必要です。

寝る直前は避ける

遅くとも寝る2時間前までにはトレーニングを終えるようにします。可能なら3時間前には終わっているのが理想的です。

時間がないからと寝る直前まで筋トレをしてしまうと、脳が興奮状態のままでなかなか寝付けません。

無理して眠ろうとしても睡眠の質が下がり成長ホルモンの分泌を邪魔してしまいます。

オーバーワークに注意

オーバーワークとはトレーニングのやり過ぎで疲労がたまってしまうことです。

朝に比べると身体がほぐれやすい傾向にありますが、いきなり身体を動かすとやはりケガをする可能性も高くなります。

よいコンディションだったとしても、やり過ぎると身体に悪影響を与えるため、オーバーワークには気を付けましょう。

 

1回のトレーニング時間は?

トレーニングをどのくらい経験しているかによって、差は出てくるでしょう。

基本的な目安は、30~60分が良いですね。

しっかりと集中してトレーニングに取り組めば、この時間でも効果を感じられるはずです。

あくまでも目安なので、トレーニングの目的などの応じて変えても問題ありません。

 

自分に合った時間帯でトレーニングしましょう

1番はご自身に合った時間帯でトレーニングすることがおススメです。

無理やり時間を作って、自分に合わない時間帯だとトレーニングや仕事・プライベートに支障がでることもあります。

それぞれの時間帯でのトレーニングのメリットデメリットを知ったうえで、時間を作っていきましょう!

おススメの関連記事

関連記事

  1. 筋トレで追い込みをすれば効果が出るのか?追い込みのテクニックとは!?

    筋トレで追い込みをすれば効果が出るのか?追い込みのテクニックとは!?

  2. 知らないと損する!筋トレを習慣にするコツ!

    知らないと損する!筋トレを習慣にするコツ!

  3. 腹筋、足、腕の筋肉痛が辛い…頑張った筋トレ後の対処方法解説!

    腹筋、足、腕の筋肉痛が辛い…頑張った筋トレ後の対処方法解説!

  4. 筋トレには休養日を!身体を休めて筋トレ効果アップ!

    筋トレには休養日を!身体を休めて筋トレ効果アップ!

  5. 道具なしで効率のいい腹筋の鍛え方!トレーニング3種類ご紹介致します!

    道具なしで効率のいい腹筋の鍛え方!トレーニング3種類ご紹介致します!

  6. 何をプレゼントする?トレーニングに嬉しいプレゼント7つのカテゴリー!

    何をプレゼントする?トレーニングに嬉しいプレゼント7つのカテゴリー!

  7. ハムストリングスを鍛えよう!女性におすすめの筋トレ4選!

  8. 筋トレの適切な頻度を理解して、効率よくボディメイクしよう!

    筋トレの適切な頻度を理解して、効率よくボディメイクしよう!

  9. トレーニングのときの呼吸はどうする?意外と大事な呼吸の仕方!

    トレーニングのときの呼吸はどうする?意外と大事な呼吸の仕方!

最近の記事

  1. 理想の体脂肪率とは?まずは無理なく体脂肪率15%の身体を目指そう!
  2. メリハリ、くびれのある身体を作ろう!お手軽、道具いらずの『スパイダープランク』
  3. 大胸筋上部おすすめのトレーニング「インクラインベンチプレス」!正しいやり方と効率的に鍛えるためのポイントを解説します。
  4. 背中のトレーニングの必須アイテム?リストストラップおすすめランキング5選
  5. 最強のマシントレーニング?『ローイングマシン』おすすめ4選
  6. 初めての方でもわかる握力計の選び方!おすすめの製品10製!
  7. 超簡単!体ををほぐす全身ストレッチ4選
  8. 骨盤の歪みでお悩みの方必見!骨盤スクワットの正しいやり方で歪みを改善
  9. 骨格筋率の平均ってどのくらい?上げる方法とそのメリットは?
  10. 夏までに引き締めたい!脇腹ダイエットのやり方と成功させるコツ
PAGE TOP